日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.01.31

金メダル3個! ヤリギン国際大会(ロシア)出場の女子チームが帰国


メダル獲得選手。左から栄希和、澤葉菜子、宮原優、入江ゆき、古市雅子

 ヤリギン国際大会(ロシア・クラスノヤルスク)に出場した女子チームが1月30日、成田空港に帰国した。7選手が出場し、軽量3階級で優勝し、他に2階級で銀メダル。メダルの独占はならなかったが、日本の強さは見せられた遠征となった。

 笹山秀雄監督(自衛隊)は「厳しい大会になると思っていた。メダルを取った選手は自分のいいところを出せて結果を出した。メダルに手が届かなかった2人も課題がしっかり分かり、いい経験になったと思う」と総括。その中でも、決勝で4-8からラスト15秒で逆転勝ちした55kg級の澤葉菜子(至学館大)を「今後の大きな戦力」と評価。「ローリングで返せるのは分かっていた。ひとつ(テークダウンを)取れば、と思っていたら、しっかりやってくれた」と話した。

 女子全体では、15選手を派遣した中国が5階級を制した。昨年12月のワールドカップ(ロシア)でも1階級2選手を派遣、その時から、ブルガリアの名コーチ、シメオン・ステレフ氏(世界V5のスタンカ・ズラテバらを育てた)がいて指導していたが、今回はロシア語を話しているコーチもいて、かなり金をかけて強化していることがうかがえたという。

 来月27日(火)からのアジア選手権(キルギス)で、どんなメンバーが出て、どんな成績を残すか。その結果次第では、再び中国を最大のライバルとマークしなければなるまい。

成田空港での最後のミーティング

 チームの主将を務めた50kg級の入江ゆき(自衛隊)は、3日間の試合の最初の日に金メダルを獲得。キャプテンの役目を果たし、「これをきっかけに世界に飛躍したい」と話した。

 しかし、決勝の昨年世界3位、キム・ソンヒャン(北朝鮮)戦は、9-0とリードしながらあと1点が取れず、9-8まで追い上げられる内容。「取り切れればすぐに終わったのに、無駄に失点してしまった。優勝はうれしいのですが、内容はうれしくない」と反省した。

 アジア選手権の代表にも内定しており、「優勝以外の目標はありません」。今度はすっきり優勝することが望まれる。


 ■53kg級優勝・宮原優(博報堂DYスポーツ)「6分間攻め切ることが課題でしたけど、決勝ではタックルにいったところを取られ、研究されていたみたいでした。最後は相手がばてていて、そこに得意な動きができて勝つことができましたが、最初に失点したことは反省材料です。アジア・チャンピオンだった中国選手に勝てたことに成長を感じ、自信になりました、(次の国際大会となる)アジア選手権も優勝を目指して頑張ります。課題は、片足タックルを必ず取り切ることです」

------------------------------

 ■55kg級優勝・澤葉菜子(至学館大)「目標は優勝でした。決勝はラスト15秒くらいまで4-8で負けていました。いつもは焦ってしまうケースですけど、今回は冷静にでき、逆転できました、失点は2回投げられたことで、日本にはあまりいないタイプでした。(シニアの国際大会初優勝)これからシニアで闘うことが多くなると思いますが、まず4月のジュニアクイーンズカップに勝って、世界ジュニア選手権で優勝することを目標にします」

------------------------------

 ■62kg級2位・栄希和(ジェイテクト)「決勝は強い選手(世界チャンピオンのオーコン・プレブドルジ)で、受けが強いことも知っていました。その相手にタックルにいってしまい、ほとんどが仕掛けての失点。相手のスタイルを考えながら試合ができたら、もう少し何とかなったと思います。(久しぶりの国際大会のメダルで)シニアの国際大会では初めてのメダルです。決勝は反省がありましたけど、全体としてはよかった部分もあります。反省しつつ、今後につなげたいです」

------------------------------

 ■72kg級2位・古市雅子(日大)「(昨年12月の)ワールドカップと練習で肩を痛め、タックルができませんでした。タックル以外の技を使って、ふだんと違うやり方で攻めようと思いましたけど、タックル以外のことができないですね。そんな状態でも準決勝のモンゴル選手に勝てたことは自信になりました。72kg級は減量がなく、(以前の)75kg級より小さい選手が出てくる。にもかかわらず負けてしまったことは悔やまれます。アジア選手権までにけがを直し、筋力を取り戻して、(決勝で負けた)中国選手が出てくればリベンジしたい」







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に