日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.02.16

NTS中央研修会がスタート…全日本、大学、高校の強豪が合同練習


NTS中央研修会のスタート。まず安全対策の講義が行なわれた

 ナショナル・トレーニング・システム(NTS)の中央研修会が2月15日、東京・味の素トレーニングセンターでスタート。全日本チーム、学生選抜選手、高校生選抜選手など100人を超える選手が6面マットをいっぱいに使って汗を流した。18日まで行なわれる。

 練習前は、この日は不在の栄和人強化本部長からの指令で、日本協会から参加した藤川健治事務局員と西口茂樹強化副本部長による安全対策の講義が行なわれた。昨年秋、レスリング界で大けがを負った事故が続いたことを説明し、何よりも安全を考えた練習を指示。

 だからといって力を抜いた練習では意味がなく、その兼ね合いが難しいところだが、意味のない、相手のけがにつながるような攻撃はしないことが大前提。スポーツとして節度ある練習を望んだ。

 そのあと、フリースタイルとグレコローマンとに分かれて汗を流した。西口副本部長は「全日本選手、学生のトップ選手、高校のトップ選手が集まるこの合宿は、日本レスリング界にとって極めて重要な合宿。全日本選手と大学選手、高校選手とでは実力差があるが、協会の強化費で実力アップしている全日本選手が、全体の底上げに協力するのは義務。若手選手を指導し、練習相手になってほしい」とリクエスト。

6面マットで100人を超える選手が汗を流した

 もっとも、今の若手選手はしっかりした技術をもっているので、「いずれ追い上げられる、と感じるのではないか。若手が育っていることを肌で感じれば、全日本選手にとっても強烈な刺激材料となり、モチベーションにつながる」と話した。

 全日本学生連盟の藤沢信雄会長(大東大監督)も「教える、ということは自分の実力アップにも役に立つ。教えるには技を正しく知らないとならない。若手に技を教えることで、考えたレスリングをやることになる」と“3世代合宿”のメリットを話し、同連盟の吉本収強化委員長(神奈川大監督)は「大学選手は上を追いつつ、下からの突き上げを感じる合宿。頑張る意識が高まる」と期待した。

 グレコローマンを指導したのは松本慎吾・男子グレコローマン強化委員長(日体大教)。高校選手を指導し、「軽量級はレベルが高い、そのままスライドして大学、全日本とつなげてほしい」と話した。高校のレスリングはフリースタイル中心という歴史があるが、近年は山梨・韮崎工高のようにグレコローマンを中心に練習するチームができるなどグレコローマンへの意識が高まっている。

 「以前より高校生のグレコローマン技術は上がっている。中重量級でも、グレコローマンで上を目指したい選手が増えてほしい」と、高校グレコローマンの振興を望んだ。

「この研修会で意識を変えてほしい」…高体連・藤波俊一強化委員長

“3世代”がそろう合宿は18日まで

 高体連専門部の藤波俊一強化委員長(三重・いなべ総合学園高教)にとっては、委員長に就任してから初めてのNTS中央研修会。「責任の重みが違いますね」と第一声。そのためか、選手に最もきつく伝えたのが、練習前の講義にもあった安全対策であり、トレーニングセンター内でのマナー。規則違反や後ろ指を指されることのないよう、ルールとマナーの遵守を伝えた。

 練習では、「地方の高校選手は全日本選手と接することがほとんどない。年に1回の全日本選手と練習できるこの機会を無駄にしないでほしい」と話した。自身が監督を務めるいなべ総合学園高からは世界王者の高橋侑希(ALSOK)を筆頭に世界へ飛躍している選手が多いが、「全日本選手と接したことで意識が変わった」と言う。「この研修会を意識を変えるきっかっけとしてほしい」と話した。

 全日本選手は、3スタイル合同合宿スタートの2月7日から合宿が続いている。前日、4月7~8日の男子フリースタイル・ワールドカップ(米国)の組み合わせが発表されたが、気合を入れたのが97kg級の山口剛(ブシロード)。米国と同ブロックということで、リオデジャネイロ・オリンピックと2015・17年世界王者のカイル・スナイダーとの対決の可能性が高まったからだ。

 「オリンピックを圧倒的な強さで勝った選手。自分がどれだけできるのか楽しみ。オリンピック予選で闘うことになったら、どう闘うかを研究したい」と意気込む。1月末~今月初めのイラン遠征では、やはりオリンピック&2017年世界を制したハッサン・ヤズダニとかなり練習したそうで、世界のレスリング界で輝いている選手と続けざまに手合わせすることになる。「ヤズダニは、オリンピック王者らしい勝負どころの強さや得意技のすごさがあった」とのこと。階級が上のスナイダーはそれ以上の壁。しかし、「日本チームに勢いをつけます」と気合を入れた。

フリースタイルの指導

グレコローマンの指導

オリンピック&世界王者との対戦の可能性が強まった山口剛(ブシロード)

太田忍(赤=ALSOK)と下山田培(警視庁)の全日本王者同士の練習







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に