日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.03.17

アジア6階級優勝で「自信を持ってくれた」…中国のシメオン・ステレフ・コーチに聞く


中国を指導するシメオン・ステレフ(左)とラドスラフ・ベリコフの2人のブルガリア人コーチ

 2018年女子ワールドカップは、きょう17日(土)から群馬・高崎アリーナで行なわれる。4大会連続優勝を目指す日本は午前中に練習し、午後は各自で体重調整を行なった。一方、日本と別ブロックで、2013年大会以来のチャンピオン奪還を目指す中国は夕方、約1間半の練習をこなした。

 昨年9月から中国を指揮しているシメオン・ステレフ・コーチ(ブルガリア=1981年世界選手権・男子フリースタイル62kg級優勝)は「世界8強による闘い。絶対に勝ちたい。決勝進出を狙っているし、優勝も狙っている」と必勝を宣言した。各階級2選手をエントリーしており、一部の階級はけがで一番手が欠けているとのことだが、現状でのベストメンバーだという。

 昨年12月にロシアで行なわれた大会では、優勝決定戦で日本にチームスコア4-4ながら勝ち点の差で敗れて2位に終わっている。それから約4ヶ月半。ステレフ・コーチは「キルギスの大会(アジア選手権)を見てくれ。8階級に選手を出して6階級優勝。みんな自信を持ってくれた」と満足そうに振り返る。

 もちろん、日本がベストメンバーでなかったことは知っており、「ベストだったら違った結果になっただろう」と現状も認識。それがゆえに、日本がベストメンバーで参加するこの大会で選手の実力をしっかり把握したいという。

 中国は第1日、モンゴル、ルーマニア、ベラルーシと予選リーグを闘う。


個人ではなく、チーム全体を育てたかった

 昨年9月から中国のコーチを務めるシメオン・ステレフ氏は、1981年世界選手権・男子フリースタイル62kg級で王者に輝き、栄和人・強化本部長のライバルでもあった選手。指導者としては、女子72kg級で世界V5を達成したスタンカ・ズラテバのほか、ラドスラフ・ベリコフ(2006年世界選手権・男子フリースタイル55kg級優勝)、ミハイル・ペトロフ・ガネフ(2010年世界選手権・男子フリースタイル84kg級優勝)らを育て、指導力には定評がある。

 中国へ来た経緯や、中国のレスリングについて聞いた。(ブルガリア語通訳=筒井穣)

選手と一緒に汗を流すステレフ・コーチ

 ――2012年ロンドン・オリンピックのあと、アゼルバイジャンで指導していたと聞いている。中国で指導することになった経緯をお聞きしたい。

 ステレフ アゼルバイジャンでも優秀な選手を育てたが、チーム全体を育てられる環境にはなかった。シニアで世界一を目指せる選手がいるのは2、3階級、5~6人くらいというのが現状だった。そのうち3人に世界のメダルを取らせたし、リオデジャネイロ・オリンピックでは女子3選手を出して2位、3位、5位の成績を残した。しかし、個人ではなくチーム全体を育てたい、という気持ちがあり、それができる中国に来た。決して金のためではない。

 ――やりがい、ということか。

 ステレフ 私にとってレスリングは趣味ではない。仕事だ。やる以上は大きなことをやりたい。58歳になったが、毎日マットに上がり、選手とともに体を動かしている。

 ――中国のレスリングに最初に接した時の印象は?

 ステレフ 元々強い選手が多かった。体力のある選手が多いと思った。しかし、テクニックでは教えることがたくさんあると感じた。

キルギスでのアジア選手権でセコンドにつくステレフ・コーチ(右)

 ――昨年のロシアでの大会も今大会も、1階級2選手を連れてきています。国から出るお金も増えているのでしょうか。

 ステレフ そのあたりはよく分かりません。私は選手を強くすることしか関心がなく、協会の予算には興味がありません。ただ、国がレスリングに力を入れていることは感じます。いい環境をつくってもらっていて、それには満足しています。

 ――あなたの教え子の一人のベリコフも中国のコーチになっていますね。

 ステレフ 私が中国に来ることになった時、一緒にやりたいという希望を話し、認めてもらいました。私を助けてくれています。

 ――今年、世界一にたどりつける選手はいるでしょうか?

 ステレフ 優勝できるかどうかは、神のみぞ知ることです。全階級の選手を期待しています。

 ――最後に、教え子のスタンカ・ズラテバはどうしていますか?

 ステレフ 一時期、カデットのナショナルチームのコーチをやっていましたが、今は故郷にレスリング場をつくり、そこで指導をしています。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に