日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.03.21

ブルガリアで地元チームと練習、22日からの「ダン・コロフ-ニコラ・ペトロフ国際大会」は世界王者が数多く参戦


 3月17日にハンガリーからブルガリアへ移動した男子グレコローマンの全日本チームは、22日からの「ダン・コロフ-ニコラ・ペトロフ国際大会」を前に地元チームらとの合同練習に臨んだ。(下記写真=チーム提供)

ブルガリアでの合宿スタート

 ブルガリア協会のホームページによると、同大会には3スタイルで32ヶ国から500選手の参加が予定されており、かなり大規模な大会。男子グレコローマンでは、昨年の59kg級世界チャンピオンの文田健一郎(日体大)以外にも、72kg級に2015年世界選手権優勝のラスール・チュナエフ(アゼルバイジャン)、77kg級に昨年の世界選手権優勝のビクトル・ネメス(セルビア)、97kg級に2014年世界選手権85kg級優勝のメロニン・ヌモンビ(フランス)らの世界王者経験者が出場。

 男子フリースタイルでは、70kg級に昨年の世界選手権優勝のフランク・チャミゾ(イタリア)、92kg級に2016年リオデジャネイロ・オリンピック86kg級優勝のアブデュラシド・サデュラエフ(ロシア)、女子では50kg級にリオデジャネイロ・オリンピック48k級2位のマリア・スタドニク(アゼルバイジャン)、76kg級に2014年世界選手権69kg級優勝のアリネ・フォッケン(ドイツ)らが参加。かなりの顔ぶれがそろう大会となりそう。








サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に