日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.03.31

【2018年全国高校選抜大会・特集】2年連続3冠王に向けて幸先いいスタート! 白井達也(千葉・日体大柏)


(文・撮影=増渕由気子)

2年連続三冠王へ向けて前進した白井達也(日体大柏)

 貫録の2連覇達成! 全国高校選抜大会の個人戦96kg級決勝は、昨年の高校三冠王者・白井達也(千葉・日体大柏)が出頭海(茨城・鹿島学園)に第1ピリオドでテクニカルフォール勝ち。連覇を決めた。

 昨年、1年生で同大会を制した白井は、実力がある先輩たちを次々と倒して栄冠を手にした。今年は逆の立場になり、「一番上の学年として、勝たなくてはいけないというプレッシャーがきつかったです」と、気持ちの作り方に苦戦した。それを乗り越えてつかんだV2に「ホッとしたし、2連覇できて、うれしさがこみ上げてきた」と喜びの声を上げた。

 大一番となったのは、関東高校選抜大会(関東予選)で接戦だった伊藤飛未来(埼玉・埼玉栄)との準決勝だった。身長が低くて鉄の塊のような体つきの白井に対し、伊藤は身長190cmほどの上背があり、手足も長い。白井は「懐も広くて相手の足が遠く、タックルが取りにくい」と警戒していた。

 それでも、対策の一環として練習してきたがぶりを使って伊藤を追い込み6-0で完勝した。「正直、やりにくい相手。だけど海外では体格の違う選手と戦わなければならない。伊藤選手は珍しい体型だし、おもしろいですし、いい刺激になります」。

準決勝で難敵・伊藤飛未来(埼玉栄)を破る

 昨年は学年がひとつ上の吉田ケイワン(4月から日大)と死闘を繰り広げた白井に、今年は新たなライバル物語の始まりを感じさせた。「前に出るレスリングだけでは、伊藤選手とやるにはきつくなってくる。もっと崩しなど技術を磨きたい」。6月の関東高校大会や夏のインターハイを見据え、レベルアップを宣言した。

 今回の個人戦を制したことで、白井は学校対抗戦を合わせると2年連続で4つの金メダルを手にしたことになる。昨年までの学校対抗戦は84kg級の要としてフル出場だったが、今大会の学校対抗戦は2試合出場にとどまった。三冠王なのに出番が少なかったことに対して、白井は「物足りない気持ちはあったけど、84kg級も120kg級も信頼できる仲間がいたので、任せることができた」と温存をプラスに捉え、あり余った力を個人戦で爆発させ、無失点での優勝を決めた。

 4月からの階級区分変更後は、92kg級で闘う予定。体格的にベストになるそうだ。今年の目標は「2年連続三冠王に加えて、シニアの大会に出て少しでも勝ちたいです」。横にいた森下史崇コーチは「三冠王は最低限やらないとね」ときっぱり。重量級の若手ホープとして上がったマットで大暴れできるか-。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に