日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.04.03

男子フリースタイルのワールドカップ代表チームが最終合宿へ


ワールドカップ前の最後の合宿に入った男子フリースタイル・チーム

 男子フリースタイルのワールドカップ(4月7~8日、米国・アイオワ)に出場する代表チームが4月2日、東京・味の素トレーニングセンターで大会前の最後の合宿に入った。

 追い込む合宿は前週の合宿までで、今回は大会前の調整合宿。この日は1時間半で終了し、3日は全体練習を午後に行い、午前中は自主練習という練習メニュー。井上謙二・男子フリースタイル協会委員長(自衛隊)は「練習量を落とし、これまでの疲労をとらせたい。万全のコンディションをつくらせたい」と話した。

 同組だったイランの出場がなくなったが、代替で出場するインドとモンゴルの動画を急きょ手配し、4日(水)の朝、万全の態勢で現地へ向かう。

 大会のあとはペンシルベニアへ向かい、約1週間、全米学生選手権で3連覇を達成した同州立大の練習に加わる。昨年、コーチ留学をしていた米満達弘コーチ(自衛隊)を頼って井上委員長ほか自衛隊と拓大の数選手が訪れており、「軽量級から重量級までいい選手がいる。せっかくアメリカに行くのだから、強いチームと練習もしたい」として実現した。

3階級上の選手と練習するチームの大黒柱、高谷惣亮(ALSOK)

 同大学の強さは2年間にわたって留学していた米満コーチが一番よく知っている。米国の学生レスリングはカレッジスタイルというフリースタイルとはルールの違うレスリングをやっているが、「フリースタイルも強いです」とのこと。オリンピック代表選手も輩出しており、今回のワールドカップに出場が見込まれている選手もいるという。

 監督は2004年アテネ・オリンピックで優勝したカエル・サンダーソン。世界2位になったことのあるフランクリン・ゴメス(プエルトリコ出身で米国へ移住)はミシガン州立大で学生王者に輝いたあと、サンダーソン監督を頼ってペンシルベニアに移り、クラブチームに在籍して練習を続けている。米国の頂点にいるチームと言っていいだろう。

 米満コーチは「アメリカ選手の自主性に接してほしい。『勝ちたい』という気持ちが強い選手ばかり。いろいろ勉強になると思います」と、大会後の合宿にも期待した。

負傷で全日本選手権は欠場、それでも抜擢されたU-23世界王者

 61kg級の中村倫也(博報堂DYスポーツ)は左手甲の骨折で12月の全日本選手権を欠場したが、世界選手権5位、U-23世界選手権優勝という実績が評価されて代表に選ばれた。「全日本選手権に出ていないのに選んでもらったのだから、勝たなければならない。(U-23世界チャンピオンとして)注目され、研究されてはいるだろうけど頑張りたい」と気合を入れた。

U-23世界王者奪取後、初の国際大会に挑む中村倫也(博報堂DYスポーツ)

 ワールドカップはチームスコアが5-5になった時は勝ち点の合計で勝敗が決まるため、勝ち方も問題となる。「テクニカルフォールの方が(判定勝ちより)勝ち点が大きいので、圧勝を目指します」とも話し、大会後の合宿については、「アメリカ系の選手は苦手。いい機会なので、しっかり練習してきたい」と話した。

 4月から社会人になる選手もいて、新たな気持ちで臨む選手もいるチームだが、125kg級の荒木田進謙もその一人。新日本プロレスとニッポン放送が共同事業として立ち上げたキッズ・レスリング教室「レッスル・アカデミー」の選手兼コーチとして就職が決まり、住居を東京に移し、腰をすえて東京オリンピックを目指せることになった。

 新日本プロレスの親会社のブシロードもレスリング・チームを持っており、97kg級の山口剛、125kg級のオレッグ・ボルチン(カザフスタン)という2人の重量級選手が東京オリンピックを目指している。刺激し合っての相乗効果が期待される。

 昨年夏に復帰してからクナエフ国際大会(カザフスタン)、アジア選手権(キルギス)と国際大会を経験し、外国選手との闘いの感覚は戻りつつあるという。今大会は「世界1位と3位の選手と同ブロックなので厳しい闘いになると思うけど、自分から攻めてポイントを取れるよう頑張りたい」と言う。

 教室はまだスタートしていないが、指導が始まったら「子供達には行動で示さなければなりません」。新日本プロレスだけでなく、子供達の期待も背負う荒木田。新天地での飛躍が期待される。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に