日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.04.08

ジョージアを下すも、米国に黒星…男子フリースタイル・ワールドカップ第1日


乙黒拓斗(山梨学院大)が2016年世界王者を破る=撮影・保高幸子

 【アイオワ(米国)、保高幸子】男子フリースタイルのワールドカップは4月7日、米国・アイオワで開幕。予選A組の日本は1回戦でジョージアを7勝3敗で撃破したが、2回戦で地元の米国に3勝7敗で敗れた。最終日のインドとの3回戦で3位決定戦進出を目指す。

 日本はジョージアとの初戦で世界王者の高橋侑希(ALSOK)がテクニカルフォール勝ち。いいスタートに乗って白星を重ね、86kg級まで7連勝して勝負を決めた。

 2回戦は地元米国との対戦。57kg級の高橋が昨年の世界選手権決勝の相手のトーマス・ギルマンを4-1で破り、61kg級の小栁和也(自衛隊)も勝利。65kg級の乙黒拓斗(山梨学院大)が2016年世界選手権61kg級優勝のローガン・スティバーに勝つ殊勲を挙げ、3連勝した。

 しかし70kg級世界2位のジェームズ・グリーン、74kg級でオリンピックを含めて世界V5のジョーダン・バローズらの中量級の壁を崩せず、3勝7敗で敗れた。

 各試合結果は下記の通り。米国は2連勝で、最終日のジョージア戦で決勝進出をかける。反対ブロックはアゼルバイジャンが2戦2勝でトップを走り、キューバとモンゴルが1勝1敗。


【予選A組2回戦】日本●[3-7]○米国

階級 日本 選 手 成    績 米   国
57kg 高橋 侑希
(ALSOK)
4-1 Gilman, Thomas
61kg 小栁 和也
(自衛隊)
2-2 Maple, Kendric
65kg 乙黒 拓斗
(山梨学院大)
10-5 Stieber, Logan
70kg 木下 貴輪
(クリナップ)
5-8 Green, James
74kg 藤波 勇飛
(山梨学院大)
1-7 Burroughs, Jordan
79kg 高谷 惣亮
(ALSOK)
Tフォール
4:02=0-10
Dake, Kyle
86kg 松坂 誠應
(自衛隊)
Tフォール
4:07=2-12
Taylor, David
92kg 石黒 峻士
(日 大)
Tフォール
3:07=0-11
Cox, J’den 
97kg 園田 平
(自衛隊)
Tフォール
2:09=0-10
Snyder, Kyle
125kg 荒木田 進謙
(レッスル・アカデミー)
Tフォール
5:29=0-10
Gwiazdowski, Nicholas

【予選A組1回戦】日本○[7-3]●ジョージア

階級 日 本 選 手 成    績 ジョージア
57kg 高橋 侑希
(ALSOK)
Tフォール
5:24=11-1
Vanishvili, Teimuraz
61kg 中村 倫也
(博報堂DYスポーツ)
9-2 Lomtadze, Lasha
65kg 高谷 大地
(自衛隊)
7-4 Saidovi, Magomed
70kg 乙黒 圭祐
(山梨学院大)
10-8 Kelekhsashvili, Levan
74kg 藤波 勇飛
(山梨学院大)
Tフォール
5:44=13-2
Maisuradze, Tarzan
79kg 高谷 惣亮
(ALSOK)
Tフォール
3:27=11-0
Tariel Gaphrindashvili
86kg 白井 勝太
(日大大学院)
6-0 Khutsishvili, David
92kg 石黒 峻士
(日 大)
Tフォール
3:23=0-10
Marsagishvili, Dato 
97kg 山口 剛
(ブシロード)
Tフォール
6:00=0-10
Matcharashvili, Givi 
125kg 山本 泰輝
(拓 大)
2-3 Metreveli, Zviadi 






サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に