日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.04.11

米国が15年ぶり14度目の優勝…4.7~8男子フリースタイル・ワールドカップ(米国)


15年ぶりの優勝を遂げた米国=撮影・保高幸子

 男子フリースタイルのワールドカップは4月7~8日、米国・アイオワで行われ、地元の米国が優勝決定戦でアゼルバイジャンを6-4で破って優勝。2003年以来、15年ぶり14度目の団体世界一に輝いた。昨年の世界選手権の国別対抗得点でも優勝しており、団体戦を2大会連続で制した。

 米国は予選Aグループでインド、日本、ジョージアを下して同組の1位へ。予選Bグループ3戦全勝のアゼルバイジャンと優勝を争った。57kg級で世界2位のトーマス・ギルマン、70kg級で同じく世界2位のジャームズ・グリーンが敗れるなどして2勝2敗となったが、オリンピックを含めて世界V5のジョーダン・バローズがフォール勝ち。97kg級のリオデジャネイロ・オリンピックと昨年の世界王者のカイル・スナイダーが勝って6勝目を挙げ、優勝を決めた。

 3位決定戦は日本がキューバを6勝4敗で下し、33年ぶりの銅メダル獲得。ジョージア、モンゴル、カザフスタン、インドと続いた。

 各試合結果は下記の通り。


《Result》

順位決定戦

 ▼決勝
米国○[6-4]●アゼルバイジャン

 ▼3位決定戦
日本○[6-4]●キューバ

 ▼5・6位決定戦
ジョージア○[6-4]●モンゴル

 ▼7・8位決定戦
カザフスタン○[10-0]●インド


予選グループA組

 ▼1回戦
米国○[10-0]●インド、日本○[7-3]●ジョージア

 ▼2回戦
米国○[7-3]●日本、ジョージア○[8-2]●インド

 ▼3回戦
米国○[8-2]●ジョージア、日本○[9-1]●インド

《順位》[1]米国 3勝、[2]日本 2勝1敗、[3]ジョージア 1勝2敗、[4]インド 3敗

予選B組

 ▼1回戦
モンゴル○[6-4]●カザフスタン、アゼルバイジャン○[8-2]●キューバ

 ▼2回戦
キューバ○[7-3]●モンゴル、アゼルバイジャン○[9-1]●カザフスタン

 ▼3回戦
アゼルバイジャン○[7-3]●モンゴル、カザフスタン○[5-5内容]●キューバ

《順位》[1]アゼルバイジャン 3勝、[2]キューバ 1勝2敗(勝ち点58)、[3]モンゴル 1勝2敗(勝ち点54)、[4]カザフスタン 1勝2敗(勝ち点50)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に