日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.04.21

【大会要項・出場申込書】6.14~17明治杯全日本選抜選手権(東京・駒沢体育館)


 6月14日(木)~17(日)に東京・駒沢体育館で行われる明治杯全日本選抜選手権の大会要項が発表された。10月にハンガリーで行われる世界選手権の日本代表選考を兼ねており、強化本部では下記の方式で日本代表を決定したい意向。次回の理事会へ提案し、承認を得たうえで正式決定となる。

(1)男子
 ①「天皇杯(前年度)」と「明治杯(本年度)」に同一選手が優勝した場合。
 ②「天皇杯(前年度)」と「明治杯(本年度)」の優勝者が異なる場合は、両優勝者が明治杯当日の実施階級終了後にプレーオフを行う。

(2)女子
 ①「天皇杯(前年度)」と「明治杯(本年度)」に同一選手が優勝した場合。
 ②「天皇杯(前年度)」と「明治杯(本年度)」の優勝者が異なる場合は、両優勝者と2017年世界選手権(シニア)の金メダリスト(明治杯の出場階級)にもプレーオフの権利を与える。
 ③ プレーオフは、今年の全日本社会人選手権(7月7~8日、埼玉・和光市体育館=初日か最終日かは未定)において世界レスリング連盟(UWW)ルールで行う。

 各階級とも、男子は昨年12月の全日本選手権1位から5位の者8人と男子強化委員会の推薦者4人、女子は全日本選手権1位から3位の者4人と女子強化委員会の推薦者8人の、ともに12人を基準として行われる。出場資格のスタイル・階級は同一とするが、階級は各強化委員会の判断で変更を認めることもある。また、出場資格者の棄権等により、推薦者が4人、8人を超えることもある。

 各日の実施階級はエントリーが確定後に決まる。敗者復活戦なしのトーナメント方式で実施し、3位決定戦は行わない。昨年12月の全日本選手権と違って、1回戦から決勝までを1日で行う。出場選手が少ない階級は、UWWルールに従ってリーグ戦での実施が検討されている。全日本選手権と同様、計量後には食事の提供(ケータリング)がある。

 出場申し込みは、有資格者、推薦希望者とも5月1日(火)必着。今年18歳で出場する者は、保護者の承諾(捺印)と診断書が必要。大会時に18歳未満の者については、ドーピング検査を含むドーピング・コントロール手続に対する親権者からの同意書を所属競技団体へ別途提出している者のみエントリーできる。

 詳細は大会要項参照。変更があった場合は、本ホームページに掲載する。


《大会要項》《出場申込書・有資格者》 《出場申込・推薦書》

《診断書》《親権者の同意書(18歳未満)》







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に