日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.05.05

イスマエル・ボレロ(キューバ)が4試合完勝で67kg級を制覇…パンアメリカン選手権・第1日(男子グレコローマン)


67kg級選手として実力を発揮しつつあるイスマエル・ボレロ・モリーナ(キューバ)=提供・UWW

 2018年パンアメリカン選手権は5月3日、ペルー・リマで開幕。男子グレコローマン7階級が行われ、2016年リオデジャネイロ・オリンピック59kg級優勝のイスマエル・ボレロ・モリーナ(キューバ)が67kg級で優勝した。4試合すべてがテクニカルフォール勝ち、またはフォール勝ちで、総スコアは39-0、平均試合時間は2分14秒。67kg級としては、2月のセーロ・ペラド国際大会(キューバ)、3月の中央アメリカ・カリブ選手権に続き、4戦目にして3度目の国際大会優勝となった。

 キューバはボレロ以外に、60kg級で昨年のU-23世界選手権代表のルイス・ロベルト・オルタ・サンチェス、130kg級で昨年の世界選手権130kg級3位のオスカー・ピノ・ヒンズが勝ち、計3階級を制した。

 55kg級は昨年のブラジル・カップを制したサリジス・カチャトリャン(ブラジル)が勝ち、同国の男子両スタイルを通じて初めてのパンアメリカン王者に輝いた。他に、米国が2階級、ベネズエラが1階級で勝った。

 各階級のメダル獲得選手(リーグ戦は4位以内選手)は下記の通り。


男子グレコローマン

 【55kg級】
[1]Khachatryan, Sargis(ブラジル)
[2]Nowry, Max Emiliano, (米国)
[3]Escobar Amador, Brandon Jesus(ホンジュラス)
[4]Plaza Sanchez, Mauricio David(メキシコ)

 【60kg級】
[1]Orta Sanchez, Luis Alberto(キューバ)
[2]Pimentel Gonzalez, Jancel Miguel(ドミニカ)
[3]Montano Arroyo, Andres Roberto(エクアドル)
[3]Garipov, Marat(ブラジル)

 【63kg級】
[1]Mango, Ryan Robert(米国)
[2]Oliva Montes, Gerardo Francisco(ペルー)
[3]Diaz Maldonado, German Manuel(プエルトリコ)
[4]Vicente Silverio Junior, Mauri(ブラジル)

 【67kg級】
[1]Borrero Molina, Ismael(キューバ)
[2]Lopez Salcero, Manuel Alejandro(メキシコ)
[3]De Brito Ramos Junior, Joilson(ブラジル)
[3]Molina Cortez, Mario Bernardo(ペルー)

 【72kg級】
[1]Perkins, Ravaughn(米国)
[2]Rivas Espinoza, Wuileixis de Jesus(ベネズエラ)
[3]Palacios Alexander, Christopher(ペルー)
[4]Pereira Barbosa, David(ブラジル)

 【97kg級】
[1]Perez Mora, Luillys Jose(ベネズエラ)
[2]Mejia Castillo, Kevin(ホンジュラス)
[3]Loango Solis, Oscar(コロンビア)
[3]Rosillo Kindelan, Gabriel Alejandro(キューバ)

 【130kg級】
[1]Pino Hinds, Oscar(キューバ)
[2]Smith, Robert Timothy David(米国)
[3]Acosta Fernandez, Yasmani(チリ)
[3]Roman Barrios, Luis Alberto(メキシコ)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に