日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.05.12

山田脩(千葉・日体大柏高)伊藤海(京都・網野高)が優勝…アジア・カデット選手権第2日(男子グレコローマン/女子)


男子グレコローマンでこの大会2人目の優勝を遂げた山田脩(千葉・日体大柏高)=撮影・保高幸子、UWWオフィシャルカメラマン

 ユース・オリンピック(10月、アルゼンチン)の予選を兼ねたアジア・カデット選手権第2日は5月11日、ウズベキスタン・タシュケントで男子グレコローマン3階級と女子5階級が行われ、ユース・オリンピックの実施階級でもある男子グレコローマン71kg級で山田脩(千葉・日体大柏高)が3試合を勝ち抜いて優勝。オリンピックの出場枠を獲得した。

 女子は46kg級の伊藤海(京都・網野高)が優勝、53kg級の徳原姫花(高知・高知東高)と61kg級の屶網瑠夏(愛知・至学館高)が2位に入った。この日はいずれも非オリンピック階級。

 山田はカザフスタンと韓国の選手を破ったあと、決勝で3年連続出場のカビブドゾン・ズクロフ(タジキスタン)を7-2で撃破。前日の佐々木航(71kg級)に続く優勝を遂げた。伊藤は全4試合を無失点のテクニカルフォールで快勝。昨年の世界カデット選手権43kg級に続くビッグタイトルを手にした。

 男子グレコローマンは全日程を終了。イランが4階級を制し、国別対抗得点で180点をマークして優勝。2階級優勝のカザフスタンが138点で続き、ウズベキスタンが135点で3位。2階級を制した日本は109点で5位だった。日本の2階級制覇は、男子グレコローマンとしては大会史上初の成績。

 ユース・オリンピック階級では、イランと日本が2階級ずつを制し、残る1階級をウズベキスタンが優勝。1ヶ国から各スタイル最大2選手の出場と決められているが、すんなりと決まった。

 各選手の成績は下記の通り。(★はユース・オリンピック予選階級)


男子グレコローマン

 【65kg級】曽我部京太郎(愛媛・今治西高)   7位=10選手出場
1回戦 ●[5-7]Vikas, Vikas(インド)

※敗者復活戦に回れず

------------------------------

★【71kg級】山田脩(千葉・日体大柏高)   優勝=11選手出場
決 勝 ○[7-2]Zukhurov, Khabibdzhon(タジキスタン)
準決勝 ○[Tフォール、2:53=9-0]Kang Hyeonjin(韓国)
2回戦 ○[4-1]Eyubov, Veisal(カザフスタン)
1回戦  BYE

------------------------------

 【80kg級】樋口徹心(兵庫・神港学園高)   8位=10選手出場
2回戦 ●[Tフォール、3:49=1-9]Yerlanov, Yerzat(カザフスタン)
1回戦  BYE

※敗者復活戦に回れず

------------------------------

 《国別対抗得点》

[1]イラン 180点、[2]カザフスタン 138点、[3]ウズベキスタン 135点、[4]インド 119点、[5]日本 109点、[6]キルギス 105点、


女子

 【40kg級】横山心音(高知・岡豊高)   4位=6選手出場
3位決定戦   ●[5-8]Tangirbekova, Maral(カザフスタン)
準 決 勝  ●[4-8]Batsaikhan, Nomun(モンゴル)
予選L3回戦 ○[2-0]Mirlan Kyzy, Nazik(キルギス)
予選L2回戦 ●[フォール、1:57=0-2]Samieva Munojatkhon(ウズベキスタン)
予選L1回戦  BYE

------------------------------

 【46kg級】伊藤海(京都・網野高)   優勝=7選手出場
決   勝  ○[Tフォール、2:00=13-0]Xie Xiaomin(中国)
準 決 勝  ○[Tフォール、0:49=10-0]Sanju Devi(インド)
予選L3回戦 ○[Tフォール、0:43=10-0]Bayanova Zeinep(カザフスタン)
予選L2回戦  BYE 
予選L1回戦 ○[Tフォール、0:27=10-0]Xie Xiaomin(中国)

------------------------------

 【53kg級】徳原姫花(高知・高知東高)   2位=7選手出場
決   勝  ●[3-6]Shi Zhaojing(中国)
準 決 勝  ○[2-0]Meenakshi Meenakshi(インド)
予選L3回戦 ○[Tフォール、3:49=10-0]Sobirova Gulrukh(ウズベキスタン)
予選L2回戦 ○[フォール、2:48=5-0]Munkhbat Purevtungalag(モンゴル)
予選L1回戦 ○[フォール、4:00=6-2] Dyussengaliyeva, Sandugash(カザフスタン)

------------------------------

 【61kg級】屶網瑠夏(愛知・至学館高)   2位=7選手出場
決   勝  ●[0-4]Anshu, Anshu(インド)
準 決 勝  ○[4-0]Batkhuyag, Oyungerel(モンゴル)
予選L3回戦 ○[9-0]Azizova, Aqsungul(ウズベキスタン)
予選L2回戦 ○[3-1]Yermakhan Tolganay(カザフスタン)
予選L1回戦 ○[Tフォール、1:11=10-0]Turganbekova, Asel(キルギス)

------------------------------

 【69kg級】小田梨英瑠(群馬・館林商工高)   6位=6選手出場
予選L3回戦 ●[1-2]Ganbold, Namuuntsetseg(モンゴル)
予選L2回戦 ●[フォール、1:57=0-8]Zhang, Mengwei(中国)
予選L1回戦  BYE







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に