日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.05.21

10.12~14ユース・オリンピック(アルゼンチン)の代表決まる


 日本協会は5月20日に都内で行われた臨時理事会で、10月12日(金)から14日(日)にアルゼンチン・ブエノスアイレスで行われるユース・オリンピックの代表を選出した。

 予選だったアジア選手権(ウズベキスタン)で、男子グレコローマン2階級、男子フリースタイル1階級で出場枠を獲得し、この3階級については問題なく日本代表に決定。女子はオリンピック実施階級の5階級すべてで出場枠を取ったが、1ヶ国から出場できるのは1スタイル2選手までのため、選考が必要となった。

 大会翌日に、現地で西口茂樹・日本協会強化本部長、笹山秀雄・女子強化委員長(自衛隊)、女子の成富利弘強化委員(東京・安部学院高教)と吉村祥子強化委員(エステティックTBC)で話し合い、下記の観点から代表を選抜した。

(1)試合内容

 植野と中井は内容がよくなかった。藤波、尾崎、鏡は内容が良かった。

(2)過去の実績

 内容がよかった3選手は、鏡は昨年の世界カデット・チャンピオン、尾崎と藤波は今年のクリッパン女子国際大会(スウェーデン)で優勝し、尾崎は最優秀選手賞に選ばれた。

(3)ユース・オリンピックの期待値

 鏡と尾崎は力強さがあった。藤波はスピードがあったが、中学生ということもあり、若干の力強さにかけた。

 尾崎と藤波は優劣をつけがたかったが、強化本部会は鏡と尾崎を代表として推薦した。現地に来ていたアジア・レスリング連盟の塚本副会長、UWW審判インストラクターの齋藤修・日本協会審判委員長も同意見だった。
 
 以上の経緯により、理事会も強化本部会の決定を承認。下記の5選手がユース・オリンピックの代表に内定した。UWWの承認とJOCの承認によって正式決定となる。


 【男子フリースタイル】
▼55kg級 藤田 颯(埼玉・花咲徳栄高)

 【男子グレコローマン】
▼51kg級 佐々木航(静岡・飛龍高)
▼71kg級 山田 脩(千葉・日体大柏高)

 【女子】
▼57kg級 尾﨑野乃香(JOCエリートアカデミー/東京・帝京高)
▼73kg級 鏡 優翔(JOCエリートアカデミー/東京・帝京高)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に