日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.05.23

イランとロシアは男子4階級で出場へ、ロシア女子は不振…ユース・オリンピック予選/途中経過


 10月12日(金)~14日(日)にアルゼンチン・ブエノスアイレスで行われるユース・オリンピックは、各大陸のカデット選手権が予選大会。5月20日までに4大陸の大会が終了し、下記の国が出場枠を取った。

 1ヶ国から出場できるのは各スタイル2選手まで。したがって、男子フリースタイルはロシアとイランが3階級のうち1階級を返上、女子は日本が5階級のうち3階級、ハンガリーが3階級のうち1階級を、それぞれ返上し、2位選手の国に資格が与えられる予定。男子グレコローマンはいずれの国も2階級以内だったため、そのまま出場資格獲得となる。

 日本協会は今月20日の理事会で、女子は57kg級と73kg級を派遣することを決めた。

 残るパンアメリカン予選は今月25~27日にグアテマラで行われる。各大陸から予選を勝ち抜いた選手のほか、開催国枠としてアルゼンチンから各スタイルに1選手、主催者推薦枠(ワイルドカード)として各スタイルに4選手が加わる。男子は各階級6選手、女子は各階級10選手でユース・オリンピック・チャンピオンの座が争われる(アフリカとオセアニア予選では出場なしの階級があった。この取り扱いがどうなるかは不明)。

 現段階での出場枠獲得国は下記の通り。


 【男子フリースタイル】
▼48kg級 ロシア、ウズベキスタン、ナウル、南アフリカ
▼55kg級 ウクライナ、日本(藤田颯)、グアム
▼65kg級 アゼルバイジャン、イラン、ニュージーランド、エジプト
▼80kg級 ロシア、イラン、ニュージーランド、アルジェリア
▼110kg級 ロシア、イラン、オーストラリア、エジプト

※ロシアとイランは1階級を返上へ。55kg級はアフリカ予選の参加なし

 【男子グレコローマン】
▼45kg級 ブルガリア、イラン、エジプト
▼51kg級 ロシア、日本(佐々木航)、マーシャル諸島、チュニジア
▼60kg級 アルメニア、ウズベキスタン、ニュージーランド、アルジェリア
▼71kg級 ロシア、日本(山田脩)、グアム、チュニジア
▼92kg級 トルコ、イラン、アメリカン・サモア、エジプト

※ 45kg級はオセアニア予選の参加なし

 【女子】
▼43kg級 アゼルバイジャン、ベラルーシ、日本、モンゴル、ニュージーランド、エジプト
▼49kg級 ハンガリー、スウェーデン、日本、ウズベキスタン、グアム、モロッコ
▼57kg級 ハンガリー、モルドバ、インド、日本(尾﨑野乃香)、グアム、エジプト
▼65kg級 ハンガリー、ウクライナ、中国、日本、アメリカン・サモア、ナイジェリア
▼73kg級 ベラルーシ、トルコ、日本(鏡優翔)、ウズベキスタン、アメリカン・サモア、チュニジア

※日本は43・49・65kg級を返上予定、ハンガリーは1階級を返上へ。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に