日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.05.24

ソスラン・ラモノフ(ロシア)が70kg級で優勝…5.14~20世界軍隊選手権(ロシア)


70kg級で世界王者を目指す可能性が高まったソスラン・ラモノフ(ロシア=左から2人目)と70kg級のメダリスト=提供・UWW

 世界軍隊選手権が5月14~20日にロシア・モスクワで行われ、男子フリースタイルは地元のロシアが7階級で優勝。70kg級は2016年リオデジャネイロ・オリンピック65kg級優勝のソスラン・ラモノフが勝った。ラモノフは昨年9月の世界軍隊選手権でも70kg級を制しており、オリンピック階級ではないが、当面は70kg級で闘う可能性が高い。79kg級は74kg級世界2位のケティク・チャボロフが優勝。

 男子グレコローマンもロシアが最多の5階級で優勝し、72kg級は昨年71kg級優勝で今年の欧州選手権72kg級を制したアダム・クラクが勝った。77kg級は2010年に60kg級で世界一に輝いているハサン・アリエフ(アゼルバイジャン)が制した。

 女子は中国が4階級で優勝。76kg級は1月のヤリギン国際大会(ロシア)優勝で3月のワールドカップ(高崎市)のメンバーでもあったワン・ユアンが制した。北朝鮮が55kg級でリオデジャネイロ・オリンピック53kg級代表のヨン・ミョンスクら2選手が優勝した。

 各階級のメダル獲得選手が下記の通り。


男子グレコローマン

 【55kg級】
[1]Mkrtchyan, Rudik(アルメニア)
[2]Bekbolatov, Amangali(カザフスタン)
[3]Nerginbaatar, Ayuzhav(モンゴル)
[3]Kwon, Un-Nam(北朝鮮)

 【60kg級】
[1]Lokyaev, Dshambulat(ロシア)
[2]Mammadov, Murad(アゼルバイジャン)
[3]Manucharyan, Ararat(アルメニア)
[3]Beheshti Tala, Shirzad(イラン)

 【63kg級】
[1]Nourbakhsh, Mohammad(イラン)
[2]Semenov, Sanal(ロシア)
[3]Torba, Erik(ハンガリー)
[3]Ainagulov, Meirambek(カザフスタン)

 【67kg級】
[1]Kiyankin, Aleksey(ロシア)
[2]Poghosyan, Aslan(アルメニア)
[3]Vladyka, Egor(ベラルーシ)
[3]Sylla, Mamadassa(フランス)

 【72kg級】
[1]Kurak, Adam(ロシア)
[2]Ganizadeh, Ulvi(アゼルバイジャン)
[3]Manoulidis, Petros(ギリシャ)
[3]Hakobyan, Armen(アルメニア)

 【77kg級】
[1]Aliyev, Hasan(アゼルバイジャン)
[2]Labazanov, Chingiz(ロシア)
[3]Yerezhepov, Maksat(カザフスタン)
[3]Halmesmaeki, Tero(フィンランド)

 【82kg級】
[1]Sharafedinov, Imil(ロシア)
[2]Dilmukhamedov, Ashkat(カザフスタン)
[3]Sargsyan, Eduard(アルメニア)
[3]Huseynov, Rafik(アゼルバイジャン)

 【87kg級】
[1]Kodzokov, Sosruko(ロシア)
[2]Alizadeh Abdvali, Arman(イラン)
[3]Boudjemline, Adem Algeria ALG
[3]Abbasov, Islam(アゼルバイジャン)

 【97kg級】
[1]Kuosmanen, Matti Elias(フィンランド)
[2]von Euw, Damian(スイス)
[3]Heydari, Ali Akbar(イラン)
[3]Melnikov, Nikita(ロシア)

 【130kg級】
[1]Shchur, Vitali(ロシア)
[2]Lam, Balint(ハンガリー)
[3]Kargiotakis, Ioannis(ギリシャ)
[3]Mehdizadeh, Behnam(イラン)

男子フリースタイル

 【57kg級】
[1]Rezazadeh, Mehrab(イラン)
[2]Pak, Un Gwang(北朝鮮)
[3]Tuskaev, Azamat(ロシア)
[3]Kim, Sung-Gwon(韓国)

 【61kg級】
[1]Khash-Erdene, Bekhbayar(モンゴル)
[2]Aksenov, Dmitri(ロシア)
[3]Namsumotlagh, Mohammad(イラン)
[3]Abikenov, Yeldos(カザフスタン)

 【65kg級】
[1]Kuular, Nachyin(ロシア)
[2]Song, Sik(韓国)
[3]Mukhtarov, Ilman(フランス)
[3]Mustafaev, Agahueseyin(アゼルバイジャン)

 【70kg級】
[1]Ramonov, Soslan(ロシア)
[2]Semisorow, Alexander(ドイツ)
[3]Bambadorj, Bekhan(モンゴル)
[3]Yazdan, Sanan(イラン)

 【74kg級】
[1]Sidakov, Zaurbek(ロシア)
[2]Rashidi, Hamed Houshang(イラン)
[3]Kurmanbekov, Baibolsyn(カザフスタン)
[3]Azimov, Dzhosc´gun(アゼルバイジャン)

 【79kg級】
[1]Tsabolov, Khetik(ロシア)
[2]Teymouri, Bahman(イラン)
[3]Khadjiev, Zelimkhan(フランス)
[3]Usserbaev, Galimzhan(カザフスタン)

 【86kg級】
[1]Ramazanov, Magomed(ロシア)
[2]Aliev, Kanan(アゼルバイジャン)
[3]Reichmuth, Stefan(スイス)
[3]Kokteubaev, Nurdaulet(カザフスタン)

 【92kg級】
[1]Belonovski, Yuri(ロシア)
[2]Davlumbaev, Adilet(カザフスタン)
[3]Hatos, Gabor(ハンガリー)
[3]Yankouski, Ivan(ベラルーシ)

 【97kg級】
[1]Baitsaev, Vladislav(ロシア)
[2]Mohammadi, Amir(イラン)
[3]Khramiankov, Dzianis(ベラルーシ)
[3]Bakirov, Roman(アゼルバイジャン)

 【125kg級】
[1]Mohebbi, Yadollah(イラン)
[2]Omirbekov, Nurzhan(カザフスタン)
[3]Alkarad, Raja(シリア)
[3]Khugaev, Alan Lavrentevitch(ロシア)

女子

 【50kg級】
[1]Li, Yuan(中国)
[2]Ikramova, Nargiz(カザフスタン)
[3]Tumarkhanova, Sona(アゼルバイジャン)
[3]Chepsarakova, Valeria(ロシア)

 【53kg級】
[1]Hemmer, Nina(ドイツ)
[2]Liao, Rong(中国)
[3]Dadasheva, Milana(ロシア)
[4]Ganbaatar, Otgonjargal(モンゴル)

 【55kg級】
[1]Jong, Myong-Suk(北朝鮮)
[2]Sushko, Nadya(ベラルーシ)
[3]Li, Jingning(中国)
[4]Bolorerdene, Batorshih(モンゴル)

 【57kg級】
[1]Li, Hui(中国)
[2]Yon, Jo-Hwa(北朝鮮)
[3]Tissina, Emma(カザフスタン)
[4]Lkhavadula, E(モンゴル)

 【59kg級】
[1]Moon, Hui-Nam(北朝鮮)
[2]Jiang, Jing(中国)
[3]Hanchar-Yanushkevich, Katsiaryna(ベラルーシ)
[4]Kuznetsova, Irina(カザフスタン)

 【62kg級】
[1]Huchok, Anastassia(ベラルーシ)
[2]Nunes de Oliveira, Lais(ブラジル)
[3]Sukhee, Tserenchimed(モンゴル)
[4]Amanzholova, Nazira(カザフスタン)

 【65kg級】
[1]Naghizade, Jeyla(アゼルバイジャン)
[2]Tsevegmed, Enhbayar(モンゴル)
[3]Kairgeldinova, Albina(カザフスタン)

 【68kg級】
[1]Wang, Chunying(中国)
[2]Davaanasan, E(モンゴル)
[3]Gomes dos Reis, Dailane(ブラジル)

 【72kg級】
[1]Larroque, Koumba Selene Fanta(フランス)
[2]Zhu, Menjie(中国)
[3]Hominepdene, P(モンゴル)

 【76kg級】
[1]Wang, Juan(中国)
[2]Yerkebayeva, Gulmaral(カザフスタン)
[3]Mae, Epp Estonia EST
[3]Badrakh, Odonchimeg(モンゴル)

 






サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に