日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.06.02

8月にイランでスクールボーイ、11月に埼玉・富士見市でスクールガールのアジア選手権開催…全国中学生大会で選抜


 世界レスリング連盟(UWW)は若手選手の普及を促進するため、欧州で昨年スタートしたスクールボーイ、スクールガール(14~15歳)のアジアでの大会開催をアジア・レスリング連盟(AAWC)に要請。同連盟のラスール・ハデム会長(イラン)が応じ、男子は8月にイランで実施することになった。

 宗教上の理由で同国では女子を開催できないため、日本に協力要請があり、日本協会はこれを受け入れた。11月16日(金)に埼玉・富士見市立市民総合体育館で開催される。選手選考については、下記の通り、全国中学生連盟の協力のもと、6月9日(土)~10日(日)に茨城・水戸市民体育館で行われる沼尻直杯全国中学生選手権に出場した選手の中から選考することとした。


《pdfファイル》

※詳細については、6月8日の監督者会議でお知らせします。チーム代表者は必ず出席するようにお願いします。

アジアンスクールボーイ・スクールガールチャンピオンシップ への参加について《お知らせ》

全国中学生レスリング連盟
会長 沼尻 久

 今年度、UWWから「スクールボーイ・スクールガールのアジア選手権大会」が開催される案内が出されました。これを受けて、日本レスリング協会、全国中学生レスリング連盟では、中学生選手を派遣することにより、早期育成に貢献しようということになりました。

 全国中学生レスリング選手権大会の階級とUWWスクールボーイ・スクールガールの階級が異なること、当初から予定されていた男子合宿・韓国遠征、女子合宿は予定通り実施すること、公式大会であるため体重管理(リミット計量)が必要であること等、派遣選手の選考には考慮すべき点が複数あります。

 今大会では、各階級上位入賞者の中から派遣選手を選考することにしました。対象者にアンケート調査を行い、実績と調査結果に基づいて、派遣にふさわしい選手を選考します。選手の選考は、全国中学生レスリング連盟役員会で行い、日本レスリング協会の 了承を得る形で行います。


【男子】
大会会場:テヘラン(イラン)、大会期日:8月2~3日(遠征期間は検討中)
階級 34-38、41、44、48、52、57、62、68、75、85kg級=10階級
(フリースタイルとグレコローマンスタイル)
※参考 8月20~23日 全中合宿(水戸)、8月23~28日 韓国遠征(釜山)

【女子】
大会会場:富士見市総合体育館(埼玉県)、大会期日:11月16日
階級 29-33、36、39、42、46、50、54、58、62、66kg級=10階級
※参考 8月16~19日 全中合宿(焼津)

【その他】
・全国中学生レスリング選手権大会に出場した選手から選考します。
・年齢は、基本的に14歳・15歳が対象です。2018年内に誕生日を迎える1年生は出場可能です。 13歳は、保護者と医師の承諾が必要になります。
・全国中学生レスリング選手権大会の男子110㎏級,女子70㎏級の選手からはアジア選手権への派遣を行いません。
・男子グレコローマンスタイルについては、国際大会出場にふさわしいだけのルール理解や技術・実績等が必要になります。安易なエントリーは危険ですので、選考に関しては経験等についての調査を行う予定です。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に