日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.06.16

【明治杯全日本選抜選手権・第2日】優勝選手の声


(文=増渕由気子、布施鋼治、梅山織愛、坂口こよみ、斉藤葵)


 ■男子フリースタイル79kg級・高谷惣亮(ALSOK=準決勝、決勝と若手に追い上げられるも、最後はきっちり優勝)「若手が強くなっているのは、いい刺激になるので僕にとってはいい状況です。正直、毎回『僕は負けるかもしれない』と思ってやっているので、(少々ビハインドになっても)慌てることはなかった。勝利後のパフォーマンスは100パーセント勝つつもりで準備していました。ここ(優勝インタビュースペース)に立ち続けたいと思います。今回、不調だったのは、減量失敗が原因です。脱水症状で手などにしびれがあって、特に準決勝は大変でした。世界選手権ではミスがないように闘いたい」


相手の反撃をしのいで初優勝の白井勝太

 ■男子フリースタイル86kg級・白井勝太(日大大学院=昨年の世界選手権代表に全日本選手権に続いて2連勝)「妥当かな、と。勝ち負けよりもしっかり自分が用意してきたことを出さないと次につながらないと思ったので、それだけを念頭に置いていた。メンタルをやられることが多いので、どうしたら自分の持ち味を出せるのかを、コーチ、トレーナー、監督の助言を受けて、人とは違うトレーニングをしてきました。

 ここで勝ち切れたので、自分がやってきたことが無駄じゃなかったと思う。アジア大会、世界選手権、どちらも優勝目指して頑張ります」


 ■男子グレコローマンスタイル72㎏級・井上智裕(富士工業=オリンピック代表だが、世界選手権は初出場へ)「世界選手権出場を目指してやってきた。いつも以上に緊張してしまった。初戦(2回戦)と準決勝はヒヤヒヤしたけど、決勝は落ち着いてすることができた。準決勝は緊張で気持ちが折れかけました。でも、会社の方がいっぱい応援に来てくれて、その応援のおかげで最後まで諦めずに闘うことができました。決勝では最終的にローリングを決めて5点を取ることができたので、すっきりしています。今年のアジア選手権(3月、キルギス)では3位だったので、初めて出る世界選手権では優勝できるように頑張ります」


1年間のブランクを克服して優勝の鶴田峻大

 ■男子グレコローマン82kg級・鶴田峻大(自衛隊=けがによる1年のブランクから復帰して初優勝)「素直にうれしいです。準決勝、決勝と、当たると思っていた選手ではなくなっていて、自分に風が吹いていると思い、自分の力を出せた。(ひざの)前十字靭帯をけがして1年間、治療とリハビリをしました。マットに上がったのは3月の後半で、スパーリングは4月半ばくらいです。プレーオフで闘う前田選手とは勝ったり負けたりですが、負けた数の方が多い。自分の方が世界選手権でメダルが取れると信じてプレーオフに臨みたい」


 ■男子グレコローマンスタイル97kg級・奈良勇太(警視庁警察学校=3連覇達成で昨年に続く世界選手権出場内定)「警察学校に通っている関係で、練習量は大学時代と比べると70%ほどの時間しか取れていなかったけれど、短い時間に集中して取り組む姿勢が今回の勝利につながったのだと思う。決勝の志喜屋(自衛隊)選手はとても力が強い選手なので、正直苦手です。(指摘された)苦しそうな表情が試合で出てしまうようでは、まだまだ根性が足りないのだと思う。アジア大会は4年に一度ということでTシャツやジャージに五輪マークが付いているのでよりオリンピックへの意識が高まる。父もアジア大会でメダルをとっているので、追い付きたい」


最重量級とは思えないスピーディーな攻撃で優勝の山本泰輝

 ■男子フリースタイル125kg級・山本泰輝(拓大=アグレッシブなレスリングで全日本選手権決勝のリベンジ達成)「うれしい気持ちが大きい。準決勝は思うような試合ができなかったが、決勝では最後まで気を抜かないで自分から攻めることができた。去年の世界選手権でキューバやジョージアの選手と戦ってみて、キャッチをしてから上に上がることさえできればタックルも取れるようになると思った。今はそこを重点的に練習して実際に手ごたえを感じている。

 東京オリンピックを考えると、今回の世界選手権に出場して世界と戦う必要があると思うので、なんとしてもプレーオフを勝って世界選手権のキップを取りに行きたい」


 ■女子65kg級・伊藤彩香(東新住建=左アキレス腱断裂を乗り越えて復活の優勝)「去年の世界選手権の3週間前にけがし、その直後からこの大会で優勝して復活しようと決めていた。本格的に練習ができたのが3月くらい。手術が決まった時に引退するということも一瞬だけよぎった。今でも練習のしすぎで痛みがでる時もあるけれど、けがとうまくつき合いながらやっていこうと思う。1年ぶりの試合ですごく緊張したけれど、いつも通りの試合運びができたのでよかった。(プレーオフは)自分が世界選手権に行くんだという強い気持ちを持って臨みたい」


若手に追い上げられながらも地力を見せた皆川博恵

 ■女子76㎏級・皆川博恵(クリナップ=結婚で皆川姓になってからは国内初優勝)「去年の全日本選手権でも松雪選手とは接戦だった。今回も厳しい闘いになることは予想していました。案の定、ぎりぎりの試合になってしまった。(この半年を振り返って)アジア選手権決勝で中国の選手に大差で負けてしまった。そのあとのワールドカップ(群馬・高崎市)で1勝もできずに終わってしまったので、本当に悔しい思いをしました。

 そこから今日までは結構追い込んだ練習ができました。でも、試合になると今回のような展開になってしまうので、まだまだ練習が足りない。アジア大会や世界選手権まではまだ時間がある。いつも試合が終わるとゆっくりしてしまうけど、今回は休まずにずっと練習を続けるつもりです」







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に