日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.06.16

悪性リンパ腫との闘いを乗り越え、渡利璃穏(アイシンAW)が復活優勝…明治杯全日本選抜選手権・第3日


悪性リンパ腫との闘いを乗り越え、復活優勝を遂げた渡利璃穏

 2018年世界選手権(10月、ハンガリー)の代表選考を兼ねた明治杯全日本選抜選手権・第3日は6月16日、東京・駒沢体育館で男女6階級が行われ、女子68kg級は2016年リオデジャネイロ・オリンピック75kg級代表の渡利璃穏(アイシン・エィ・ダブリュ)が、悪性リンパ腫との闘病生活を乗り越えて出場、2試合に勝って優勝し、約1年10ヶ月ぶりの復帰戦を飾った。

 同級全日本チャンピオンの土性沙羅は負傷でエントリーしておらず、規定で渡利が世界選手権の代表に内定した。

 他に世界選手権の代表が内定したのは4階級。女子57kg級の坂上嘉津季(ALSOK)、男子グレコローマン55kg級の田野倉翔太(東京・自由ヶ丘学園高教)、67kg級の下山田培(警視庁)、77kg級は屋比久翔平(ALSOK)で、いずれも全日本選手権に続いての優勝を遂げた。

 女子62kg級は59kg級全日本チャンピオンの川井友香子(至学館大)が優勝し、プレーオフ(7月7日、埼玉・和光市)に臨む権利を得た。同級チャンピオンは今回59kg級に出場する姉・梨紗子で、優勝した場合は姉妹で階級を分けることを試合後に明言。プレーオフなしで世界選手権代表となる可能性がある。

 男子フリースタイル74kg級は保坂健(自衛隊)が勝ち、負傷で棄権した藤波勇飛(山梨学院大)とプレーオフに臨む。同97kg級は赤熊猶弥(自衛隊)が勝ち、準決勝で下した全日本王者の山口剛(ブシロード)とプレーオフで再戦する。

 各階級の成績は下記の通り。(撮影=矢吹建夫)

 (注)昨年12月の全日本選手権優勝選手が優勝した場合は、その選手が世界選手権の代表へ、優勝選手が違った場合は7月7日にプレーオフが実施される。代表の正式決定は理事会での承認。


一 覧 表
男子フリースタイル 男子グレコローマン  女  子 
74kg 97kg 55kg 67kg 77kg 57kg 62kg 68kg

男子フリースタイル

 【74kg級】

 ▼決勝
保坂健(自衛隊)○[11-3]●三輪優翔(日体大)

※保坂は初優勝

 ▼準決勝
三輪優翔(日体大)○[5-0]●尾形颯(中大)
保坂健(自衛隊)○[4-4]●吉田隆起(拓大)

 ▼2回戦
尾形颯(中大)○[不戦勝]●藤波勇飛(山梨学院大)
三輪優翔(日体大)○[3-2]●奥井眞生(自衛隊)
吉田隆起(拓大)○[2-1]●中村百次郎(佐賀県協会)
保坂健(自衛隊)○[負傷棄権]●多胡島伸佳(KATSURA group)

 ▼1回戦
尾形颯(中大)○[10-8]●横山凛太朗(山梨学院大)
三輪優翔(日体大)○[2-0]●礒川利音(国士舘大)
吉田隆起(拓大)○[フォール、2:04=7-0]●嶋江健太(福岡大)
多胡島伸佳(KATSURA group)○[4-2]●梅林太朗(早大)


 【97kg級】

 ▼決勝
赤熊猶弥(自衛隊)○[9-0]●園田平(自衛隊)

※赤熊は2年ぶり2度目の優勝

 ▼準決勝
赤熊猶弥(自衛隊)○[3-3]●山口剛(ブシロード)
園田平(自衛隊)○[負傷棄権]●二ノ宮寛斗(明大)

 ▼2回戦
山口剛(ブシロード)○[4-0]●山本康稀(日大クラブ)
赤熊猶弥(自衛隊)○[Tフォール、5:54=12-1]●吉川裕介(自衛隊)
二ノ宮寛斗(明大)○[7-5]●安田翔(福井・嶺南東養護学教)
園田平(自衛隊)○[Tフォール、4:40=10-0]●藤田祐輔(日亜化学工業)

 ▼1回戦
山本康稀(日大クラブ)○[Tフォール、1:06=10-0]●高野智也(国士舘大)
吉川裕介(自衛隊)○[Tフォール、3:44=14-4]●恒石昌輝(専大)
安田翔(福井・嶺南東養護学教)○[Tフォール、1:08=10-0]●秋場勇星(国士舘大)
藤田祐輔(日亜化学工業)○[Tフォール、2:41=10-0]●外山宏太(東洋大)


男子グレコローマン

 【55kg級】

 ▼決勝
田野倉翔太(東京・自由ヶ丘学園高教)○[7-0]●小川翔太(日体大)

※田野倉は3年ぶり3度目の優勝(前回は59kg級)

 ▼準決勝
田野倉翔太(東京・自由ヶ丘学園高教)○[Tフォール、1:50=8-0]●丸山智也(山梨学院大)
小川翔太(日体大)○[Tフォール、2:20=10-2]●片桐大夢(拓大)

 ▼2回戦
田野倉翔太(東京・自由ヶ丘学園高教)○[Tフォール、0:57=10-0]●神田優人(中京学院大)
丸山智也(山梨学院大)○[8-1]●比嘉優太(神奈川大)
片桐大夢(拓大)○[Tフォール、1:13=13-0]●難波陽(青山学院大職)
小川翔太(日体大)○[Tフォール、3:54=9-0]●稲葉海人(日体大)

 ▼1回戦
神田優人(中京学院大)○[不戦勝]●井上征洋(兵庫県協会)
稲葉海人(日体大)○[Tフォール、4:43=12-2]●山口秀斗(神奈川大)


 【67kg級】

 ▼決勝
下山田培(警視庁)○[Tフォール、4:17=9-1]●高橋昭五(警視庁)

※下山田は初優勝

 ▼準決勝
下山田培(警視庁)○[Tフォール、2:07=10-1]●小林大樹(日体大)
高橋昭五(警視庁)○[5-3]●川瀬克祥(シリウスEHC)

 ▼2回戦
下山田培(警視庁)○[Tフォール、5:27=9-1]●上垣勇二(自衛隊)
小林大樹(日体大)○[6-3]●堀江耐志(徳山大)
高橋昭五(警視庁)○[3-1]●宇井大和(早大)
川瀬克祥(シリウスEHC)○[Tフォール、1:12=8-0]●中橋涼(日体大)

 ▼1回戦
上垣勇二(自衛隊)○[Tフォール、2:09=9-0]●田口学容(中京学院大)
中橋涼(日体大)○[フォール、3:38=10-0]●中村拓磨(専大)


 【77kg級】

 ▼決勝
屋比久翔平(ALSOK)○[2-2]●阪部創(自衛隊)

※屋比久は2年連続2度目の優勝

 ▼準決勝
屋比久翔平(ALSOK)○[Tフォール、1:27=8-0]●葛谷拳龍(神奈川大)
阪部創(自衛隊)○[フォール、3:30=5-3]●泉武志(一宮グループ)

 ▼2回戦
屋比久翔平(ALSOK)○[9-5]●櫻庭功大(拓大)
葛谷拳龍(神奈川大)○[5-2]●亀井竜昇(NTCコンサルタンツ)
阪部創(自衛隊)○[Tフォール、1:33=9-0]●山崎翔馬(九州共立大)
泉武志(一宮グループ)○[Tフォール、1:14=8-0]●北川幸一(松阪クラブ)

 ▼1回戦
櫻庭功大(拓大)○[フォール、1:18=9-2]●藤原稜(愛媛県協会)
亀井竜昇(NTCコンサルタンツ)○[6-0]●田代英才(国士舘大)
山崎翔馬(九州共立大)○[不戦勝]●林雷(日体大)
北川幸一(松阪クラブ)○[不戦勝]●奥田海人(明大)


女子

 【57kg級】

 ▼決勝
坂上嘉津季(ALSOK)○[4-1]●花井瑛絵(至学館大)

※坂上は2年連続3度目の優勝

 ▼準決勝
坂上嘉津季(ALSOK)○[8-8]●南條早映(至学館大)
花井瑛絵(至学館大)○[2-0]●浜田千穂(キッコーマン)

 ▼1回戦
南條早映(至学館大)○[3-1]●澤葉菜子(至学館大)
花井瑛絵(至学館大)○[Tフォール、2:04=10-0]●望月芙早乃(自衛隊)


 【62kg級】

 ▼決勝
川井友香子(至学館大)○[4-1]●伊藤友莉香(自衛隊)

※川井は初優勝

 ▼準決勝
伊藤友莉香(自衛隊)○[Tフォール、4:09=11-0]●小玉彩天奈(早大)
川井友香子(至学館大)○[4-0]●今川朋乃伽(日体大)

 ▼1回戦
小玉彩天奈(早大)○[7-0]●矢後愛佳(日大)
川井友香子(至学館大)○[Tフォール、5:05=11-0]●河内美樹(日体大)
今川朋乃伽(日体大)○[フォール、4:16=14-2]●三輪奏歩(東洋大)


 【68kg級】

 ▼決勝
渡利璃穏(アイシン・エィ・ダブリュ)○[3-2]●関千晶(警視庁)

※渡利は4年ぶり2度目の優勝(前回は63kg級)

 ▼準決勝
関千晶(警視庁)○[7-2]●森川美和(日体大)
渡利璃穏(アイシン・エィ・ダブリュ)○[7-0]●早川まい(至学館大)

 ▼1回戦
関千晶(警視庁)○[3-1]●福島宇美(明大)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に