日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.06.17

【明治杯全日本選抜選手権・第3日】優勝選手の声


(文=増渕由気子、布施鋼治、岡野希春、斉藤葵)


優勝し、応援席の歓声に応える保坂健

 ■男子フリースタイル74kg級・保坂健(自衛隊=全日本王者の藤波勇飛が負傷欠場のチャンスを制す)「やっと優勝できたとホッとしている気持ちと、ずっと勝てなくても応援してくれた皆様に感謝したい気持ちです。いつも初戦はあのように接戦してしまいますが、藤波選手が棄権して、このチャンスを逃したら、もう次はないと思っていた。

 準決勝、決勝と学生が相手でしたが、ちびっ子あがりがほとんどで、社会人と学生の差はないと思っている。一レスラーとして対応している。プレーオフに向けて、藤波選手は強いので、あと3週間で悪かったところを修正してしっかり闘えるようにしたい」


 ■男子フリースタイル97㎏級・赤熊猶弥(自衛隊=全日本選手権は3位で、この冬は海外遠征に参加できず)「アジア選手権やワールドカップを日本で動画で見ていて悔しかった。今大会は絶対優勝しようと思っていました。プレーオフでは(今大会では準決勝で勝利している)山口剛選手にしっかり勝って、世界選手権代表になりたいと思います」


アジア王者の実力を余すことなく発揮した田野倉翔太

 ■男子グレコローマン55㎏級・田野倉翔太(東京・自由ヶ丘学園高教)「(3月の)全日本合宿が終わってから(仕事の関係で)全然練習ができていなかった。大会の1週間前に(母校の)日体大に練習に行った時、松本慎吾監督に『このままでは優勝できないぞ。挑戦者の気持ちでやらないとダメ』と釘を刺され、スイッチが入りました。

 でも、きのうの練習でも思うように動けなかった。本当にやばいと思っていましたけど、体重を落として試合をやってみたら、意外に動きがよかった。(3月のアジア選手権王者として)グレコローマンの軽量級はヨーロッパよりアジアの方が強い。世界選手権では優勝を目指す」


 ■男子グレコローマン67kg級・下山田培(警視庁=同期同門の髙橋を華麗なリフト技で破って初優勝)「リフト技は、最近練習でも守られることが多くて不安なところもあったけれど、試合になったら自信を持ってやるしかないと思ってやった。2月末のアジア選手権では、世界チャンピオンに勝ったにもかかわらず、決勝で負けてしまったので、次は優勝していいところを見せられるように頑張る。アジアの選手はヨーロッパの選手のように手足の長さを生かした技ではなく、力でどんどん前に出る。相手を動かして、すきを作らせて自分の技に入れる形を作りたい。この階級では体が大きい方でもないので、筋力をつけていかないといけないと思っている」


苦戦した決勝だが、世界選手権出場を内定させた屋比久翔平

 ■男子グレコローマン77kg級・屋比久翔平(ALSOK=2年連続2度目の優勝も、決勝はせめあぐみ、課題が残る試合)「優勝はしたけれど、まだ実力がついてきていない内容だった。すべての試合、相手のミスで点を取った試合展開だった。(1回戦で苦戦をしたのは)早朝軽量に慣れていないことがひとつの原因だけど、条件は皆一緒なので、自分自身のパフォーマンスを上げていく必要がある。

 2月のアジア選手権は5位でメダルに届かなかった。世界のレベルを再確認した。オリンピックに出るにはまだ実力が伴っていないと感じている」


 ■女子57kg級・坂上嘉津季(ALSOK=若手の追い上げをかわして世界選手権代表を手中に)「優勝してホッとしています。準決勝(南條早映戦)は危なかった。大学の後輩で、いつでも練習しているので、どうなるかなと思ったのですが、案の定あのような試合をしてしまった。最後は勝つという気持ちでできたのがよかったのかな、と思う。ここでプレーオフをしているようであれば、世界選手権で同じようなことをすると思った。(去年の)世界選手権での悔しさは、世界選手権でしか返せない。できる限り自分のいいところを出して、結果につながればいいかなと思っています」


2年連続の世界選手権出場に近づいた川井友香子

 ■女子62㎏級優勝・川井友香子(至学館大=全日本選手権から1階級上げて優勝)「(涙声で)練習したことができなくて悔しい。自分から攻める練習をしてきたのに、相手に合わせてしまった。基本的なことが全然できなかった。このままだと去年の世界選手権のようにすぐ負けてしまう。1から練習を頑張りたい。62㎏級に出ると決めてからは食べるご飯や筋トレの量を増やして体作りをしてきました。そのせいで力がついた自覚はあったので、相手が重いとは感じなかった。(2020年の東京オリンピックで目指す階級について)これからの姉と私の話し合い次第。的確な階級を狙いたいと思います」


 ■女子68㎏級・渡利璃穏(アイシン・エイ・ダブリュ=悪性リンパ腫を乗り越えて1年10カ月ぶりの復帰戦で優勝)「(ラスト24秒で逆転されながら、残り8秒で再逆転は)絶対に勝つ、今大会優勝した至学館の選手たちと一緒に世界選手権に行く、という強い気持ちを持って闘いました。第1試合(準決勝)は緊張を通り越して足が震え、いつもの自分ではない感じでした。決勝はこれまでやってきたことを信じて、リラックスして挑むことができました。これからオリンピックの選考が始まる中で、自分がどの階級で闘うべきかを考えていかないといけない。今日の勝利は東京オリンピックにもつながるいいステップになったんじゃないかと思います」







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に