日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.06.18

18階級で世界選手権代表が内定、10階級でプレーオフ実施へ


 明治杯全日本選抜選手権を終え、17階級で昨年12月の全日本選手権と同じ選手が優勝した。規定により、10月20~28日にハンガリー・ブダペストで行われる世界選手権の代表に内定した。

 優勝選手が違った階級は13階級。そのうち、全日本チャンピオンがエントリーしなかった女子68kg級は、規定により優勝選手が代表に内定。他の階級は全日本選手権とこの大会の優勝選手同士が7月7日に埼玉・和光市で実施されるプレーオフに臨み、勝者が世界選手権の代表に内定する。

 女子59、62kg級は川井梨紗子と友香子の姉妹が階級を変えてともに優勝。姉妹で話し合って階級を決めることを明言しており、プレーオフが実施されるのは男女10階級になる見込み。

 世界選手権代表の内定選手、およびプレーオフ出場選手は下記の通り。代表の正式決定は協会理事会の承認を経て決まる。


世界選手権の代表に内定した選手

 【男子フリースタイル】
▼57kg級 高橋侑希(ALSOK)
▼61kg級 小栁和也(自衛隊)
▼79kg級 高谷惣亮(ALSOK)
▼86kg級 白井勝太(日大大学院)

 【男子グレコローマン】
▼55kg級 田野倉翔太(東京・自由ヶ丘学園高教)
▼60kg級 太田 忍(ALSOK)
▼67kg級 下山田培(警視庁)
▼72kg級 井上智裕(富士工業)
▼77kg級 屋比久翔平(ALSOK)
▼87kg級 角 雅人(自衛隊)
▼97kg級 奈良勇太(警視庁警察学校)
▼130kg級 園田 新(ALSOK)

 【女子】
▼53kg級 奥野春菜(至学館大)
▼55kg級 向田真優(至学館大)
▼57kg級 坂上嘉津季(ALSOK)
▼68kg級 渡利璃穏(アイシン・エィ・ダブリュ)
▼72kg級 松雪成葉(至学館大)
▼76kg級 皆川博恵(クリナップ)


プレーオフに出場する選手

※左が全日本選手権優勝、右が今大会優勝

 【男子フリースタイル】
▼65kg級 高谷大地(自衛隊)-乙黒拓斗(山梨学院大)
▼70kg級 乙黒圭祐(山梨学院大)-基山仁太郎(日体大) 
▼74kg級 藤波勇飛(山梨学院大)-保坂健(自衛隊) 
▼92kg級 石黒峻士(日大)-松本篤史(警視庁) 
▼97kg級 山口 剛(ブシロード)-赤熊猶弥(自衛隊) 
▼125kg級 荒木田進謙(Wrestle Academy)-山本泰輝(拓大)

 【男子グレコローマン】
▼63kg級 井ノ口崇之(自衛隊)-遠藤功章(日体大) 
▼82kg級 前田祐也(鳥取・鳥取中央育英高職)-鶴田峻大(自衛隊) 

 【女子】
▼50kg級 入江ゆき(自衛隊)-須崎優衣(早大) 
▼59kg級 川井友香子(至学館大)-川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)
▼62kg級 川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)-川井友香子(至学館大)
▼65kg級 源平彩南(至学館大)-伊藤彩香(東新住建)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に