日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.06.26

世界3位の2選手が勝つ、29人の代表決まる…米国・世界選手権代表選考会「Final X」第3弾


 米国の世界選手権代表選考会「Final X」の第3弾は6月23日、ペンシルベニア州ベスレヘムで男子フリースタイルと女子の各3階級が行われ、男子フリースタイル2階級で昨年の世界選手権で銅メダルを獲得した選手が代表権を獲得した。

 92kg級は2016年リオデジャネイロ・オリンピックと昨年の世界選手権の86kg級でともに銅メダルを獲得したジェーデン・コックスが階級を上げて代表へ。125kg級はニコラス・グウィアズドウスキがグレコローマンで代表に決まっているアダム・クーンを退けて代表権を獲得した。

 女子は3階級とも今年のパンアメリカン選手権の優勝選手が代表となった。予定されていた57kg級の試合、昨年の58kg級世界チャンピオンのヘレン・マルーリスとアレックス・ヘンドリックとの対戦は、マルーリスの負傷のため延期された(実施期日と場所は未定)。

 この日で、女子57kg級を除く3スタイル29階級の代表が決まった。

《Final X_1》 / 《Final X_1》 / 《男子グレコローマン》 


男子フリースタイル

▼61kg級 Garrett, Nahshon=2017年デーブ・シュルツ国際大会2位
▼92kg級 Cox, J’den=2017年世界選手権3位
▼125kg級 Gwiazdowski, Nicholas=2017年世界選手権3位


女子

▼50kg級 Conder, Whitney=2018年パンアメリカン選手権優勝
▼53kg級 Hildebrandt, Sarah=2018年パンアメリカン選手権優勝
▼65kg級 Molinari, Forrest=2018年パンアメリカン選手権優勝







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に