日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.07.12

2018年世界カデット選手権/各階級メダル獲得選手


 2018年世界カデット選手権は7月2~8日、クロアチア・ザグレブで行われ、男子フリースタイルはイランが3階級で優勝し、国別対抗得点で152点をマーク。米国に20点の差をつけて優勝した。優勝した45kg級、92kg級、110kg級の選手は、いずれも5月のアジア・カデット選手権(キルギス)に続く優勝だった。

 女子は日本が6階級を制したほか、米国が2階級、ロシアとウクライナが1階級ずつ優勝。中国は3階級で決勝に進んだものの、いずれも敗れた。男子グレコローマンはロシア、トルコ、イラン、ウズベキスタンが2階級ずつ優勝。他にモルドバとアルメニアが勝った。

 各階級のメダル獲得者は下記の通り。


男子フリースタイル

 【45kg級】
[1]Amouzadkhalili, Rahman Mousa(イラン)
[2]Harutunyan, Rafael(アルメニア)
[3]Komilov, Shakhbos(ウズベキスタン)
[3]Yuecel, Ahmet(トルコ)

 【48kg級】
[1]Amirli, Alihasan(アゼルバイジャン)
[2]Figueroa II, Richard(米国)
[3]Androsov, Valeri(ロシア)
[3]Gegelashvili, Giorgi(ジョージア)

 【51kg級】
[1]Ramos, Matthew James(米国)
[2]高橋海大(日本)
[3]Jafarian, Seyed Erfan(イラン)
[3]Aman, Aman(インド)

 【55kg級】
[1]Marufov, Jamshidbek(ウズベキスタン)
[2]藤田 颯(日本)
[3]Nasirov, Abulfaz(アゼルバイジャン)
[3]Piroddu, Simone Vincenzo(イタリア)

 【60kg級】
[1]Alaca, Hamza(トルコ)
[2]Kougioumtsidis, Georgios(ギリシャ)
[3]Ravinder, Ravinder(インド)
[3]Fazlikhalili, Aliakbar(イラン)

 【65kg級】
[1]Bayramov, Turan(アゼルバイジャン)
[2]Sheriev, Inalbek(ロシア)
[3]Zhalgassov, Bekzat(カザフスタン)
[3]Karimiseifabad, Mohammad Baghi(イラン)

 【71kg級】
[1]Gagnidze, Bagrati(ジョージア)
[2]Gourav, Baliyan(インド)
[3]諏訪間新之亮(日本)
[3]Facundo, Alexander Joseph(米国)

 【80kg級】
[1]Elkanov, Dmitri(ロシア)
[2]Ghiyasi, Mohammadreza Ezatollah(イラン)
[3]Korcsog, Milan Andras(ハンガリー)
[3]Assad, Abe Edward(米国)

 【92kg級】
[1]Abdollahi, Ali Reza Abbasali(イラン)
[2]Agtas, Oemer(トルコ)
[3]Dzhigkaev, Alik(ロシア)
[3]Ferrari Jr., Albert James(米国)

 【110kg級】
[1]Zare, Amir Hossein Abbas(イラン)
[2]Kerkvliet Jr., Saniel Gregory Clifton(米国)
[3]Yordanov, Stoyan Iliev(ブルガリア)
[3]Kozyrev, Sergey(ロシア)

 《国別対抗得点》
[1]イラン 152点
[2]米 国 132点
[3]ロシア 116点
[4]アゼルバイジャン 105点
[5]日 本 83点
[6]ジョージア 82点

男子グレコローマン

 【45kg級】
[1]Yandarov, Ilias(ロシア)
[2]Zavertailo, Gennadi(ウクライナ)
[3]Nazaryan, Edmond Armen(ブルガリア)
[3]Gurbanov, Gurban(アゼルバイジャン)

 【48kg級】
[1]Atabaev, Abror(ウズベキスタン)
[2]Abbaspourragani, Sajjad Javid(イラン)
[3]Arshad(インド)
[3]Kurbaev, Ishkar(カザフスタン)

 【51kg級】
[1]Uzbekov, Lazizkhon(ウズベキスタン)
[2]Meitei, Laishram Sayon(インド)
[3]Jafarov, Hasrat(アゼルバイジャン)
[3]Maulitkanov, Merey(カザフスタン)

 【55kg級】
[1]Khounsari, Amirhossein Gholam Reza(イラン)
[2]Pertaia, Giorgi(ジョージア)
[3]Sultonov, Amirbek(ウズベキスタン)
[3]Koshkar, Din Muhammed(カザフスタン)

 【60kg級】
[1]Kirk, Serhat(トルコ)
[2]Badaghi Mofrad, Shahin Eidi(イラン)
[3]Hajizada, Adam(アゼルバイジャン)
[3]Snjoyan, Gagik Mishai(フランス)

 【65kg級】
[1]Imadaev, Muslim(ロシア)
[2]Khachatryan, Samuel(アルメニア)
[3]Bellscheidt, Samuel(ドイツ)
[3]Ghasemi, Hossein Afrasiyab(イラン)

 【71kg級】
[1]Gutu, Alexandrin(モルドバ)
[2]山田脩(日本)
[3]Eyubov, Veisal(カザフスタン)
[3]Shpetishvili, Giorgi(ジョージア)

 【80kg級】
[1]Khachataryan, Karen(アルメニア)
[2]Tsopurashvili, Giorgi(ジョージア)
[3]Naghousi, Mohammad Aziz(イラン)
[3]Bisultanov, Turpal-Ali(デンマーク)

 【92kg級】
[1]Nosrati, Mohammad Ghorbanali(イラン)
[2]Mileshin, Aleksey(ロシア)
[3]Kaminski, Jacob John(米国)
[3]Ayadin, Osman(トルコ)

 【110kg級】
[1]Bakir, Muhammet Hamza(トルコ)
[2]Mammadov, Sarkhan(アゼルバイジャン)
[3]Wawrzynczyk, Tomasz Jacek(ポーランド)
[3]Kavalski, Nikita(ベラルーシ)

 《国別対抗得点》
[1]イラン 130点
[2]ロシア 108点
[3]トルコ 91点
[4]ジョージア 89点
[5]ウズベキスタン 83点
[6]アゼルバイジャン 79点
 :
[12]日本 30点

女子

 【40kg級】
[1]Bekbaulova, Luchana(ロシア)
[2]植松夏鈴(日本)
[3]Dias, Szterling Blake(米国)
[3]Sweety, Sweety(インド)

 【43kg級】
[1]Shilson, Emily King(米国)
[2]Nazarova, Shahana(アゼルバイジャン)
[3]Aleksandrova, Viktoria(ロシア)
[3]Ponomarova, Amina(ウクライナ)

 【46kg級】
[1]元木咲良(日本)
[2]Dolgorjav, Otgonjargal(モンゴル)
[3]Sanju, Devi(インド)
[3]Xie, Xiaomin(中国)

 【49kg級】
[1]藤波朱理(日本)
[2]Lukina, Polina(ロシア)
[3]Ikei, Tiare Lynn Masako Dizon(米国)
[3]Varakina, Natalya(ベラルーシ)

 【53kg級】
[1]大野真子(日本)
[2]Meenakhshi, Meenakhshi(インド)
[3]Shi, Zhaojing(中国)
[3]Baterdene, Erdenesuvd(モンゴル)

 【57kg級】
[1]尾﨑野乃香(日本
[2]Szel, Anna Hella(ハンガリー)
[3]Martinova, Arina(ベラルーシ)
[3]Ringaci, Irina(モルドバ)

 【61kg級】
[1]Kulakhina, Antonia(ウクライナ)
[2]Zhao, Qin(中国)
[3]Anshu, Anshu(インド)
[3]高山凛子(日本)

 【65kg級】
[1]中井ほのか(日本)
[2]Zhou, Xinru(中国)
[3]Glukhareva, Ekaterina(ロシア)
[3]Sonam(インド)

 【69kg級】
[1]Kilty, Macey Ellen(米国)
[2]Fridlund, Julia(スウェーデン)
[3]寺本 鈴(日本)
[3]Hooda, Sonika(インド)

 【73kg級】
[1]鏡 優翔(日本)
[2]Jiang, Qian(中国)
[3]Pyshkina, Elina(ウクライナ)
[3]Dzibuk, Ksenia(ウクライナ)

 《国別対抗得点》
[1]日 本 210点
[2]インド 111点
[3]中 国 110点
[4]ロシア 109点
[5]米 国 108点
[6]ウクライナ 99点

 






サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に