日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.08.07

男子グレコローマンの全日本チームが群馬・草津で合宿スタート


2週間後に決戦を控えるアジア大会代表選手

 アジア大会(8月19~22日、インドネシア)と世界選手権(10月20~28日、ハンガリー)の代表選手を中心とした男子グレコローマンの全日本チームが8月5日から群馬・草津で合宿をスタートした。

 草津といえば、日体大が毎夏の合宿をやる地だが、同大学の合宿は8日からで、5日に集合したのは全日本チームの選手約40人。標高が約1100メートルで、6日の最高気温は28度。真夏日の続く東京よりはましだが、昼間は「涼しい」というほどではない。それでも朝晩はしのぎやすく、アジア大会前の最後の追い込み練習には適した場所。

 松本慎吾・男子グレコローマン強化委員長(日体大教)は「7月下旬のトルコでの国際大会の結果をふまえ、これまでの課題でもあったグラウンドの防御に重点を置いて練習したい」と言う。オリンピックというより大きな舞台に立った太田忍(60kg級=ALSOK)もいるが、アジア大会に限れば6人の代表の全員が初出場。松本委員長は「初出場だけに、いい緊張感に包まれています」と話した。

 9日まで行われ、そのあとは東京・味の素トレーニングセンターでアジア大会へ向けての最終調整に入り、17日にインドネシアへ向かう。(写真=チーム提供)








サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に