日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.08.10

【インターハイ・特集】“同郷・同門決勝”を制した稲垣柚香(愛知・至学館)が2年生チャンピオンに輝く


(文=八木賢太郎、撮影=増渕由気子)

同郷・同門決勝を制し、2年生でチャンピオンに輝いた稲垣柚香(愛知・至学館)

 インターハイ女子57kg級は、稲垣柚香(愛知・至学館)が永本聖奈との同門決勝を4-2で制し、2年生チャンピオンに輝いた。

 どちらも四日市ジュニアでレスリングを始め、稲垣が1歳下。中学時代にチームが分かれたが(稲垣が一志ジュニア、永本が四日市ジュニア)、昨年、至学館の先輩・後輩として再び相まみえ、そして今回、地元開催のインターハイの決勝という大舞台での“同郷・同門対決”が実現した。

 今年は、ここまで県大会と東海大会で対戦。2戦とも稲垣が接戦を制してきたが、一方の永本も7月のアジア・ジュニア選手権で優勝し、志土地翔大コーチも「ここにきてグンと伸びてきた」とその成長ぶりを評価。それだけに、決して楽な闘いではなかった。

 スタンドには大勢の地元の友人たちも応援に駆けつけていたが、稲垣自身はそれで気負うことはなかったという。「みんなが応援に来てくれていたので、『絶対に頑張ろう』という気持ちもあったんですけど、試合そのものにはいつもと変わらない気持ちで挑めました。そのおかげで自分の動きができたと思います」と、息もつかせぬ接戦となった決勝を振り返った。

準決勝では攻めるレスリングを貫いて逆転勝利の金星

 稲垣にとって、もうひとつの山場だったのが準決勝。対戦相手は4月のジュニアクイーンズカップとJOC杯で連敗を喫した尾﨑野乃香(東京・帝京)だ。「連敗していたので、『今回は絶対に自分が勝つ!』という気持ちで挑みました。中学の頃から攻めのレスリングを武器にしてきたので、とにかく攻め切って勝ちたいと、それだけを思っていました」という言葉通り、攻め続けた末の逆転勝利で金星を掴んだ。

決勝で闘う稲垣。中盤の失点で同点にされたが、持ち前の攻撃力で逆転勝ち

 そんな稲垣を、志土地コーチは「土性沙羅(東新住建)に似たタイプ」だと分析する。「以前の土性は得点能力が高いけど失点も多かったんです。今の稲垣も同じ。ただ、得点能力が高いというのは勝つためには一番大事なことでもあるし、今回の準決勝や決勝ではそれが活かされましたので。あとは課題の失点を抑えることを磨いていけば、早い時期からシニアの大会でも勝負できる選手になってくれると思います」と期待した。

 「インターハイ優勝はすごくうれしかったです。勝てたことで、『また来年も優勝したい』という気持ちが強くなりました」と語る稲垣。その強い気持ちで、来年、至学館初のインターハイ連覇を成し遂げることができるか!?







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に