日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.08.12

【2018年アジア大会・展望(8)】世界女王・奥野春菜を追い詰める選手はいるか?…女子53kg級


 《大会日程》
8月19日(日) 男子フリースタイル57・65・74・86・97kg級
   20日(月) 男子フリースタイル125kg級/女子50・53・57・62kg級
   21日(火) 女子68・76kg級/男子グレコローマン60・67kg級
   22日(水) 男子グレコローマン77・87・97・130kg級


《日本代表》 奥野春菜(おくの・はるな=至学館大)
 1999年3月18日生まれ、19歳。三重県出身。三重・久居高卒。158cm。2014~16年インターハイ3連覇。他に、2016年世界カデット選手権52kg級優勝など国内外で実績を残す。2017年クリッパン女子国際大会(スウェーデン)でシニアの国際大会初優勝。同年の世界選手権55kg級で初出場初優勝。
《詳細》 《JWFデータベース》  《国際大会成績》  《世界チャンピオン・ページ》

女子53kg級・出場が予想される主な選手

※大会公式サイトのエントリーによります。最終エントリーで選手が入れ替わる場合もあります。

 55kg級世界チャンピオンで、53kg級でも変わらぬ強さを見せている奥野春菜(至学館大)を北朝鮮、モンゴル、カザフスタンが横一線で追う状況。奥野がかなりの差をつけていることは間違いない。

3月のアジア選手権優勝のパク・ヨンミン(北朝鮮)

 今年3月のアジア選手権で優勝したパク・ヨンミン(北朝鮮)は、2013年でも48kg級でアジア・チャンピオンになっている選手だが、昨年の世界選手権では向田真優が6-2で勝っている相手。アジア選手権では宮原優が敗れているので、あなどれない相手ではある。

 アジア選手権2位で、2016年リオデジャネイロ・オリンピック代表選手でもあるスミヤ・エルデネチメグ(モンゴル)は、6月のモンゴル・オープンで優勝と昇り調子。

 48kg級で2度のオリンピック出場の経験のあるジルジズ・エシモワ(カザフスタン)は、53kg級で昨年のアジア選手権2位、アジア・インドア&マーシャルアーツ大会2位、今年のアジア選手権3位とコンスタントに上位に顔を出している。

伏兵となるか、龐倩玉(パン・キアンユ=中国)

 中国は2017年アジア選手権5位の龐倩玉(パン・キアンユ=中国)が代表に選ばれた。2016年アジア選手権53kg級で優勝している実力者だが、昨年12月のワールドカップで向田真優が4-0で勝っており、今年3月のワールドカップにはエントリーされていない選手。6月の中国オープンでもも宮原優が3-0で勝っており、奥野にとって恐れるに足らぬ相手か、それとも伏兵としての活躍があるか。

 昨年のアジア選手権3位のキム・ヒュンヨ(韓国)、アジア・インドア&マーシャルアーツ大会5位のナジラ・マルスベク・キズイ(キルギス)も、奥野の牙城とはかなりの差がありそう。


出場が予想される主な選手の略歴

Pak, Yong-Mi

Pak, Yong-Mi(北朝鮮)
 1991年2月8日生まれ、27歳。2013年アジア選手権48kg級で優勝。2015年から53kg級で闘い、2015年アジア選手権2位も、2016年リオデジャネイロ・オリンピックは出場できず。2017年世界選手権で5位となり、今年3月のアジア選手権で優勝した。

Eshimova, Jyldyz

Eshimova, Jyldyz(カザフスタン)
 1988年2月1日生まれ、30歳。元キルギスで2006年からカザフスタン国籍。長く48kg級で闘い世界選手権2位の成績あり。2012年ロンドン・オリンピック出場(15位)のあと階級を上げたが、2016年リオデジャネイロ・オリンピックでは48kg級に戻して出場((5位)。53kg級で2017年アジア選手権2位、2018年同3位。

Erdenechimeg, Sumiya

Erdenechimeg, Sumiya(モンゴル)
 1990年2月28日生まれ、28歳。2013年世界選手権51kg級2位などを経て、2016年リオデジャネイロ・オリンピック出場(12位)。2018年はアジア選手権2位のあと、6月のモンゴル・オープンで優勝。

Pang, Qianyu(中国)
 1996年11月13日生まれ、21歳。2015年世界選手権55kg級5位で飛躍し、2016年アジア選手権53kg級で優勝。同年のリオデジャネイロ・オリンピックは出場できず。2017年アジア選手権53kg級5位を経て、6月の中国オープンで3位。


最近の国際大会成績

 【2018年3月:アジア選手権(キルギス)】
[1]Pak, Yong-Mi(北朝鮮)
[2]Erdenechimeg, Sumiya(モンゴル)
[3]宮原優(日本)
[3]Eshimova, Jyldyz(カザフスタン)
[5]Chiu, Hsin-Ju(台湾)
[5]Vu, Thi Hang(ベトナム)

 【2017年9月:アジア・インドア&マーシャルアーツ大会(トルクメニスタン)】
[1]矢後佑華(日本)
[2]Eshimova, Jyldyz(カザフスタン)
[3]Luo, Lannuan(中国)
[3]Eshmuratova, Sevara(ウズベキスタン)
[5]Marsbek Kyzy, Nazira(キルギス)
[5]Madiarova, Yildiz(トルクメニスタン)

 【2017年8月:世界選手権(フランス)/10位以内のアジア選手】
[2]向田真優(日本)
[5]Pak, Yong-Mi(北朝鮮)
[10]Tomar, Sheetal(インド)

 【2017年5月:アジア選手権(インド)】
[1]向田真優(日本)
[2]Eshimova, Jyldyz(カザフスタン)
[3]Kim, Hyung-Joo(韓国)
[3]Jong, Myong-Suk(北朝鮮)
[5]Chiu, Hsin-Ju(台湾)
[5]Pang, Qianyu(中国)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に