日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.08.26

ワールドカップは1階級上への出場が可能へ…UWWがルール・レギュレーションを微修正


 世界レスリング連盟(UWW)は8月24日、公式ホームページで欧州ジュニア選手権(7月30日~8月5日、イタリア・ローマ)の期間中に行われた理事会で決めたルールやレギュレーションの修正点を発表した。

 発表された新ルール・新レギュレーションは下記の通り。

※項目6の試合に関するルールにつきましては、後日、日本協会審判委員会による詳細な規定を掲載します。


 1、UWWの「選手権」の場合、出場が5選手以内だった場合はメダルを授与しない(順位をつけない)。「~国際大会」には適用されない。

 2、UWWの定めた登録締め切りをすぎた後の登録申請は受付けない(注=これまで、登録に関しては曖昧な面があった)

 3、チームリーダー(または代理人)の義務として、抽選で選手の組み合わせを引く義務があり、引くことができない場合は必ず主催者に伝えなければならない。

 4、検査官が大会の選手宿舎をチェックし、ホテルと食事について評価する。サービスのレベルが主催者が選手団に要求する金額を下回っている場合は、宿泊代の削減を提案することができる。

 5、ワールドカップでは、計量した階級より1階級上に出場することができる。ただし、最重量級の場合、男子は97kg以上、女子は72kg以上ないと出場することができないため、この規定は適用されない。

 6、プッシュによる場外押し出しと、パーテールポジションについての2点の計3点の微修正(9月1日から適用)。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に