日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.09.04

【2018年全日本学生選手権・特集】古豪復活のステップとなるか? 二ノ宮寛斗(明大)が金と銀を獲得


(文=樋口郁夫、撮影=矢吹建夫)

明大選手として10年ぶりに優勝、グレコローマンでも銀メダルの二ノ宮寛斗

 例年以上に新人の活躍が目立った今年の全日本学生選手権。新しい風とは別に、昭和20~30年代に学生レスリング界の雄を競った明大と中大もチャンピオンを輩出し、違う方向からの風も吹いた。明大から優勝したのは、男子フリースタイル97kg級の二ノ宮寛斗。後半に行われたグレコローマン同級でも銀メダルを獲得し、両スタイルにわたっての活躍だった。

 ただ、負けて大会を終わったことで、「うれしさより、悔しさの方が強いんですよ」。フリースタイルを中心にやっているとはいえ、出る以上はグレコローマンでも負けたくはなかった。「グレコローマンでも成長し、次に出る時は勝ちたい」。スタイルを超えての今後の奮戦を口にした。

 二ノ宮は2016年にアジア・ジュニア選手権フリースタイル96kg級で2位となり、昨年と今年はJOC杯で連続優勝。古豪復活への期待がかかっていた選手だ。その期待はひしひしと感じており、W優勝はならなかったが、「OBなど多くの方から応援していただいています。喜んでもらえてよかったです」。悔しさの中にも、安堵感はにじみ出ていた。

「自分の強みは出せたかな」というフリースタイル優勝

 「フリースタイルは組み合わせが分かった時点で優勝を狙えるかな、と思いました」と言う。その思い通り、4試合を通じて失ったポイントは2点のみという快勝続き。「自分の強みは出せたかな、と思います」と言う。

パキスタンからの留学生を一蹴したフリースタイル決勝

 決勝の相手は、パキスタンから日体大柏高校(千葉)に留学し、今年4月に日体大へ進んだアビッド・ハルーン。成長途上の選手だが、「パワーはあった」(二ノ宮)という相手。それでも「自分の組み手や崩しを貫くことができ、カウンターも取れました」と満足のいく勝利だった。

 グレコローマン決勝では、同スタイルを中心にやっている山下拓也(拓大)の首投げで先制され、挽回できずに敗れた。「去年の対戦での負けと同じような技を受けた。成長していないですね…」と唇を噛むが、準決勝までの4試合を無失点のテクニカルフォールで快勝という内容は、立派な銀メダルと言えよう。

 さえたローリングは、何度か出げいこに行った青山学院大で2012年ロンドン・オリンピック代表の長谷川恒平監督から伝授された技だという。「得意な技ではなかったんですけど。いろんな人に支えられています」と振り返った。

今月17日からは昨年に続いて世界にへ挑戦!

 二ノ宮の今年の闘いは、年末まで断続的に続く。今月17日からは昨年に続いて世界ジュニア選手権(スロバキア)へ向かう。帰国したら、すぐに福井国体(9月30日開幕)。組み合わせはすでに決まっており、対戦成績で分の悪い石黒峻士(日大=今大会92kg級優勝)と2回戦で闘う組み合わせだ。

グレコローマン決勝でも、両差しを決めるなど奮闘したが…

 そして大学対抗でもある全日本大学グレコローマン選手権と全日本大学選手権、年末には昨年3位に入賞して自信をつけた全日本選手権が待っている。ハードな日程だが、「レスリングが楽しいです。好きでやっているんですから、出る大会はすべて優勝を目指します」と、気持ちは上向きだ。

 あまり重圧をかけてはならないが、古豪復活も二ノ宮が“闘うべき相手”だろう。明大の記録した東日本学生リーグ戦の優勝18度は、1995年に日体大に抜かれるまで最多で、今も2位の記録。入試難で部員が減少し、1997年には二部リーグ落ちも経験。2009年に入試制度が変わり、再浮上を目指した中での栄冠だ。

 明大選手の学生王者は2008年の宮原崇(74kg級)以来10年ぶり。その前のチャンピオンは、フリースタイルに限れば1992年、1976年とさかのぼる。すなわち、この42年間でフリースタイル3人目の学生王者ということになる。

 本人にそうした意識はなかっただろうが、そのことに言及されると、「この優勝でチームが活気づいてほしい。次は10年もあかずに優勝者が出ればいいですね」と話した。伝統の復活なるか。国内外での二ノ宮の活躍が注目される。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に