日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.09.05

【2018年アジア大会・特集(7)】グレコローマンの伝統を守り、日本金メダル「0」の危機を救った太田忍(ALSOK)


(文=増渕由気子)

2002年大会から続く金メダルの伝統を守った太田忍=撮影・布施鋼治

 リオデジャネイロの銀から2年、ついに太田忍(ALSOK)が“金メダル”を手にした。ジャカルタ・アジア大会の男子グレコローマン60㎏級は、今年のアジア選手権の覇者で2016年リオデジャネイロ・オリンピック59㎏級銀の太田が決勝で鮮やかなフォール勝ちを収め、4年に1度の大舞台で金メダルを獲得した。

 今大会の日程は男子フリースタイル、女子、男子グレコローマンという順番。太田は、女子が大量に金メダルを獲得した後に自分の出番、というストーリーを描いていた。しかし、近年の活躍が著しかった女子がアジア大会で初の金メダル「0」という思わぬ展開になってしまった。

 太田は「自分が金メダルを取らないと、(日本の)金メダルがゼロになるかもしれない。(いい意味で)プレッシャーをかけてもらった」と、自分の使命を感じながら腕を鳴らしていた。

80パーセントで戦う−。リオ銀と違うスタイルを見せつけた

 人に頼られると血が騒ぐ太田は、初戦からマットの上で大暴れ。準決勝までの3試合を大技などで魅せながら無失点で勝ち抜いた。金メダルをかけた決勝では、さすがの太田も緊張したのか立ち上がりの動きが硬く、先制点を許す展開に。だが、焦るどころか自身を客観視する余裕があった。「3点取られて、何やっているんだろう、って思いました。けれども一つ得意なところを決められたら逆転できると思っていました」。

優勝を決めた胴タックル=撮影・保高幸子

 その時は第1ピリオド終盤にやってきた。スタンドから豪快ながぶり返しで4点技を決め逆転。そこから一気に太田のペースとなり、第2ピリオドの中盤に十八番の胴タックルで相手を抑え込んでフォールに持ち込んだ。今大会レスリングの金メダル第1号(結果的に唯一の金)となり、胸の日の丸をアピールした。

 世界選手権も出たことがない太田がリオデジャネイロ・オリンピックで活躍したのは2年前。元世界チャンピオンを破るなど快進撃を見せた。昨年は日体大の後輩、文田健一郎(ミキハウス)に敗れて日本代表を逃し、その文田が日本男子として34年ぶりの世界チャンピオンとなり、第一人者のポジションを譲った格好だった。

 オリンピック銀メダルから国内予選落ちという荒波のようなレスリング人生。太田自身、どうやって続けるべきか苦悩する日々もあったようだ。そこで見出したのが80パーセントでマットに立つという戦法だった。

 「以前は、常に100パーセントの力をぶつけようという気持ちでいっぱいでした。でも、フィジカルは常に100パーセント出ているので、気持ちだけ80パーセントを心がけ、ピンチになったら100パーセント出せばいいと思うようになりました」。要するに、伸びしろを持たせて闘うことで、心に余裕が生まれた。それは、ピンチの時に焦りすぎてリカバリーできなくなるリスクを減らすことにつながった。その効果はてきめんで、今大会の決勝戦がまさにそのパターンだった。

太田忍の時代はこれからつくります

優勝を決め、全身で喜びを表した太田忍=撮影・保高幸子

 日本のお家芸としての金メダルの伝統を死守した太田は、実は別のミッションも抱えていた。「松本慎吾強化委員長が2002年の釜山(韓国)で金メダルを取ってから、4大会連続で日本グレコローマンは金メダルを獲得していました。全日本合宿でずっと『5大会連続グレコで金』と言われていたので、そのミッションを達成し、グレコローマンの伝統を守れたという気持ちのほうが大きいですね」と、ホッとした表情を浮かべた。

 表彰式後、念願の金メダルを手に入れて「リオの時より重たいメダルです」と満足に見えた太田だったが、「…。でも、やっぱりオリンピックでほしい、これが…」と本音がポロリ。4年に1度の大舞台で銀メダル、金メダルと確実に地力を上げていることから、「太田の時代が来たか」という問いには、真っ向から否定した。「僕、(世界)チャンピオンじゃないから。全日本選手権も1度しか勝ったことないし、自分の時代はなかった」と殊勝な態度に。

 「10月の世界選手権(ハンガリー)で結果を残して、12月の全日本選手権で勝ち切ったら、僕の時代が来たかなと思える」―。今年の全日本選手権では文田も復帰してくるだろう。10月の世界選手権で結果を出し、全日本の舞台で新旧世界チャンピオン同士の闘いが実現するか。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に