日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.09.21

須崎優衣(早大)五十嵐彩季(至学館大)が優勝…2018年世界ジュニア選手権・第4日(1)


 2018年世界ジュニア選手権第4日は9月20日、スロバキア・トルナバで女子5階級の敗者復活戦とファイナルが行われ、50kg級の須崎優衣(早大)と55kg級の五十嵐彩季(至学館大)が優勝、59kg級の南條早映(至学館大)が2位、68kg級の森川美和(日体大)と76kg級の松雪泰葉(至学館大)が3位に入賞した。

 須崎は決勝で欧州ジュニア選手権3位のエレン・リエステレー(ドイツ)にテクニカルフォール勝ち。前日の1回戦からの4試合のすべてを10-0のテクニカルフォールで勝ち、世界チャンピオンの強さを示して世界ジュニア選手権を初制覇した。五十嵐もモンゴル選手をテクニカルフォールで下して優勝。3月のシニアのアジア選手権(キルギス)に続いての優勝を果たした。

 南條は決勝で今年の欧州ジュニア選手権優勝のアナスタシア・ニチタ(モルドバ)に4-5で惜敗。昨年の55kg級に続く2年連続の優勝はならなかった。国際大会のメダル獲得は10大会連続となった。

 森川は敗者復活戦を勝って3位決定戦に進み、韓国選手に勝利。松雪もウクライナ選手を破り、ともに銅メダルを手にした。

 各選手の成績は下記の通り。

カデット、シニアに続いてジュニアの世界チャンピオンを奪取した須崎優衣(早大)

シニアのアジア選手権に続き、世界ジュニアで世界一に輝いた五十嵐彩季(至学館大)


女子

 【50kg級】須崎優衣(早大)   優勝=21選手出場
決 勝 ○[Tフォール、2:58=10-0]Riesterer, Ellen(ドイツ)

------------------------------

 【55kg級】五十嵐彩季(至学館大)   優勝=16選手出場
決 勝 ○[Tフォール、5:13=10-0]Bayaraa, Khaliunaa(モンゴル)

------------------------------

 【59kg級】南條早映(至学館大)   2位=19選手出場
決 勝 ●[4-5]Nichita, Anastasia(モルドバ)

------------------------------

 【68kg級】森川美和(日体大)   3位=15選手出場
3決戦 ○[フォール、4:24=10-0]Park, Hyeonyeong(韓国)
敗復戦 ○[Tフォール、0:58=11-0]Ayari, Rihem(チュニジア)

------------------------------

 【76kg級】松雪泰葉(至学館大)   3位=12選手出場
3決戦 ○[Tフォール、2:09=10-0]Tislichenko, Anna(ウクライナ)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に