日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.09.22

今井佑海、澤葉菜子、小玉彩天奈、今井海優が優勝…2018年世界ジュニア選手権・第5日(1)


65kg級を制した今井海優(自衛隊)

 2018年世界ジュニア選手権第5日は9月21日、スロバキア・トルナバで女子5階級のファイナルが行われ、53kg級の今井佑海(京都・京都海洋高)、57kg級の澤葉菜子(至学館大)、62kg級の小玉彩天奈(早大)、65kg級の今井海優(自衛隊)の4選手が優勝、72kg級の松雪成葉(至学館大)が3位となった。

 今井佑は決勝で3月のシニア・アジア選手権50kg級5位のウズベキスタン選手にテクニカルフォール勝ち。初戦からの4試合を無失点で優勝した。7月のアジア・ジュニア選手権に続く優勝。澤は昨年のU-23世界選手権53kg級2位で、今年3月のワールドカップ(群馬・高崎)のメンバーでもあったザン・キ(中国)にフォール勝ち。4試合をフォール、またはテクニカルフォールで勝ち上がった。今年1月のヤリギン国際大会(ロシア)55kg級に続く優勝。

 準決勝までの3試合をテクニカルフォールで勝った小玉は、決勝で相手選手の負傷棄権による不戦勝。2016年世界カデット選手権60kg級に続く“世界制覇”を達成した。今井海は決勝でアジア・ジュニア選手権3位のモンゴル選手にテクニカルフォール勝ち。4試合をテクニカルフォールで勝って、国際大会初優勝を飾った。

 松雪は敗者復活戦を勝ち上がり、3位決定戦でシニア欧州選手権2位のアナスタシア・ジミアンコワ(ベラルーシ)を3-1で破った。

 この日で女子が終了。日本は「金6・銀1・銅3」全階級でメダルを取り、昨年(8階級)の4階級制覇を上回った。国別対抗得点は215点をマーク。2位のロシア(160点)に大きく差をつけ、8年連続優勝を遂げた。

 各選手の成績は下記の通り。


女子

 【53kg級】今井佑海(京都・京都海洋高)   優勝18選手出場
決 勝 ○[Tフォール、3:53=10-0]Keunimyaeva, Aktenge(ウズベキスタン)

------------------------------

 【57kg級】澤葉菜子(至学館大)   優勝17選手出場
決 勝 ○[フォール、2:19=4-4]Zhang Qi(中国)

------------------------------

 【62kg級】小玉彩天奈(早大)   優勝18選手出場
決 勝 ○[不戦勝]Esenbaeva, Nabira(ウズベキスタン)

------------------------------

 【65kg級】今井海優(自衛隊)   優勝=15選手出場
決 勝 ○[Tフォール、3:42=13-3]Enkhsaikhan, Delgermann(モンゴル)

------------------------------

 【72kg級】松雪成葉(至学館大)   3位=18選手出場
3決戦 ○[3-1]Zimiankova, Anastasia(ベラルーシ)
敗復戦 ○[Tフォール、10-0]Kim Jisu(韓国)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に