日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.09.23

石黒隼士(日大)が優勝、日本男子選手としては大会初…2018年世界ジュニア選手権・第6日(1)


日本男子選手として初の世界ジュニア・チャンピオンに輝いた石黒隼士(日大)=チーム提供

 2018年世界ジュニア選手権第6日は9月22日、スロバキア・トルナバで男子フリースタイル5階級のファイナルなどが行われ、79kg級で決勝進出を果たした石黒隼士(日大)は、昨年の世界カデット選手権76kg級優勝のアーロン・マルクエル・ブロックス(米国)を11-10で破り、金メダルを獲得した。9-10とリードされながら、ラスト4秒でテークダウンを決めて逆転勝ちした。

 石黒は国際大会初優勝。ジュニアの年齢区分が18~20歳となった1997年以降、日本の男子選手(両スタイル)が優勝したのは初めて。これまでは2015年の藤波勇飛(フリースタイル66kg級)ら4選手の2位が最高だった。

 19~20歳の年齢区分の大会として考えると、1987年世界エスポアール選手権で笹山秀雄(フリースタイル52kg級)が優勝して以来、31年ぶり2人目となる。


男子フリースタイル

 【79kg級】石黒隼士(日大)   優勝=25選手出場
決 勝 ○[11-10]Brooks, Aaron Marquel(米国)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に