日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.09.26

イランが4階級で優勝、全選手がアジア・ジュニア王者…2018年世界ジュニア選手権(男子グレコローマン)


 2018年世界ジュニア選手権は9月17~23日にスロバキア・トルナバで行われ、男子グレコローマンはイランが4階級を制し、ロシアが2階級で勝った。

 イランの4人のチャンピオンはいずれも7月のアジア・ジュニア選手権に続く優勝。82kg級を制したアレクサンダー・コマロフ(ロシア)は、世界カデット選手権2度の優勝に続き、世界ジュニア選手権でも2度目の優勝。欧州もカデット2度、ジュニア2度を制しており、国際大会は12大会に出場して全大会に優勝している。

 各階級のメダル獲得選手は下記の通り。


男子グレコローマン

 【55kg級】
[1]Naserpour, Poaya Mohammad(イラン)
[2]Minasyan, Tigran(アルメニア)
[3]Vijay, Vijay(インド)
[3]Sefershaev, Emin(ロシア)

 【60kg級】
[1]Kamal, Kerim Kazim(トルコ)
[2]Vijay, Vijay (インド)
[3]Nejati, Alireza Ayat Ollah(イラン)
[3]矢部和希(日本)

 【63kg級】
[1]Bakirov, Erbol(キルギス)
[2]Mohamed, Hassan Hassan Ahmed(エジプト)
[3]Vancza, Krisztian Istvan(ハンガリー)
[3]Kairov, Azamat(ロシア)

 【67kg級】
[1]Amoyan, Malkhas(アルメニア)
[2]Bakhshiloev, Makhmud(ウズベキスタン)
[3]Nasibov, Parviz(ウクライナ)
[3]Hosseinvand, Yousef Hajiali(イラン)

 【72kg級】
[1]Kaviyaninejad, Amin Yavar(イラン)
[2]Tchikaidze, Nikoloz(ジョージア)
[3]Yarbilov, Magomed(ロシア)
[3]Ergen, Erkan(トルコ)

 【77kg級】
[1]Opiev, Islam(ロシア)
[2]Sajan, Sajan(インド)
[3]Kure, Per Anders(ノルウェー)
[3]Makhmudov, Akzhol(キルギス)

 【82kg級】
[1]Komarov, Aleksander(ロシア)
[2]Berreyesa, Andrew Douglas(米国)
[3]Saricicek, Muhutdin(トルコ)
[3]Takacs, Istvan(ハンガリー)

 【87kg級】
[1]Saravi, Mohammadhadi Abdollah(イラン)
[2]Betschart, Ramon Rainer(スイス)
[3]Fatullaev, Nazarshan(アゼルバイジャン)
[3]Ermolenko, Ilya(ロシア)

 【97kg級】
[1]Savolainen, Arvi Martin(フィンランド)
[2]Ragginger, Markus(オーストリア)
[3]Vatzi, Balint(ハンガリー)
[3]Sargsyan, Artur (ロシア)

 【130kg級】
[1]Mirzazadeh, Amin Mohammadzaman(イラン)
[2]Ovasapyan, David(アルメニア)
[3]Schultz, Cohlton Michael(米国)
[3]Richter, Franz(ドイツ)

 《国別対抗得点》
[1]イラン 136点
[2]ロシア 131点
[3]アルメニア 83点
[4]トルコ 79点
[5]インド 73点
[6]ジョージア 60点
 :
[12]日本 31点







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に