日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.09.30

【特集・中】母国への誇りと愛情を胸に、日本とイランの交流に尽力するジャボ・エスファンジャーニさん(市川コシティ・クラブ)


《上》

市川コシティ・クラブの選手たち

 日本では、小学生の時にレスリングに打ち込んでも、中学生になるとやる場所がなく、他のスポーツに流れる選手が多い。この状況を打破すべく、週2回、中学選手の指導も行っている。1週間のうち、火・金曜日は基本的に練習が休みで自身の休養日であるが、「中学生の大会が近づけば、中学生の練習が入ります」。

 レスリングの普及発展のためなら、“週7日出勤”も辞さない覚悟。練習では体力づくりに重きをおき、関節のやわらかさを養成するなど基本を大事にし、レベルが上がってから段階に応じて技術を教える。

 最も厳しく教えているのが、あいさつと感謝の気持ちで、勝利だけを求める指導には反対。「勝つことは大事です。でも、(指導者が)無理にやらせて勝っても長続きしない。褒めて、やる気にさせて、レスリングを好きにさせることが大事です。すぐにチャンピオンにならなくてもいいんです。今は駄目でも、気持ちが入った練習をすれば、必ずチャンピオンになれます」と話し、レスリングを長く続けてくれる選手を数多く作りたいという。

 一方、親や指導者が熱くなってしまう心情も理解している。「お子さんが負けた時、叱責したことはないのですね」との問いに、「いや、まあ…」と苦笑い。ご多分にもれず、かなり厳しい叱責がとんだ時期もあったようだが、「私も経験を積み、自分の間違いを直してきました。自分がやってしまった間違いを、選手の親や他の指導者にやってほしくない」と、過去の過ちを隠すことはしない。指導する側も日々精進する必要性を訴えた。

レスリングのオリンピック王者は国民的ヒーロー…イラン

 母国への気持ちは強く、道場にはイラン国旗を掲げているが、日本でお世話になったという気持ちも十分にある。「国際大会で、できれば世界選手権やオリンピックで日の丸を揚げることが目標です」と言う。私の日本への感謝の気持ちなんです」

大きなアリーナでも満員の観衆が詰めかけるイラン

 今回、16年ぶりに祖国を訪れたジャボさんに、イラン・レスリング界の現状を話してもらった。イランではレスリングが国技であり、サッカーと人気を二分している。最近では世界的なサッカー人気により、金の稼げるサッカーに走る若者が多いという声もあるが、そのあたりは? 否定はしなかったが、レスリング人気が急落していることはないという。

 「やはり国技ですから」。レスリングのオリンピック・チャンピオンは国民的ヒーローであり、イラン代表として世界へはばたく選手は畏敬の念をもって扱われる。地方のチャンピオンでも、その地では一目置かれる。歴史上、闘いが多かった地域であり、強者を尊敬する風潮は現在も根強い。

 どんな小さな街にもレスリング道場があり、会員でなくとも、道場に入って練習できるのが普通という。大会のテレビ中継も多く、一般の人もルールを知っている。それが応援に拍車をかけている。レスリングでなくとも、コシティなど伝統的な格闘技は多く、小さな頃から闘うことに慣れているというから、強い選手が育つ土壌は十分。

強化には影響しても、「勉強は必要なことです」

 そんなイランに、今回のアジア・スクールボーイ選手権で日本は互角近くに闘い、国別対抗得点でイランに次いで2位になった。少ない競技人口ながら健闘していると言えよう。これもキッズ・レスリング隆盛の成果か。

道場の前で練習する選手。駐車場を含めて広いスペースがある

 ところが、カデット、ジュニアと進むにつれ、差ができてしまう。スクールボーイ時代は互角なのに、なぜ、差が出てくるのか。ジャボさんは「日本は勉強をしながらレスリングをしているからだと思います」と言う。イランでは、レスリングでのし上がれれば学業はどうでもいい、という感覚すらあり、2ヶ月、3ヶ月と学校に通わず合宿に参加するようなケースもあるという。「それだけ練習すれば、強くなりますよ」。

 しかし-。「日本では、レスリングではメシは食えません。チャンピオンになれば裕福な生活ができるイランとは違います」と言う。勉強して、社会人として必要な学力や知識を身につけなければ、「将来、どうなるんですか?」と話す。

 イランでも、オリンピックを目指してレスリングに専念しながら、けがをしたり、能力の限界にぶつかったり、心が折れたりする選手も少なくない。「そんな人間は、結局、(社会で)何もできないんです」。強化には影響するかもしれないが、「勉強は必要なことです」と話し、市川コシティ・クラブの選手にも勉強の重要性を教えることを忘れない。

《続く》







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に