日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.03

【特集】2018年福井国体/優勝選手の声


(2018年10月1日、福井・おおい町総合運動公園体育館 / 取材=保高幸子)


 ■女子53kg級・入江ななみ(福井・県スポーツ協会=負傷による戦線離脱から復帰して地元優勝)「けがを治療している間から色々支援していただいた福井県に感謝しています。昨年の国体も出たかったのですが、まだ復帰できていなかったので、申し訳なかった。今年は絶対に優勝して、恩返しができたらいいなと思っていた。優勝できてホッとしました。準決勝も決勝もすごく集中できて、何も恐れるものがありませんでした。体が動くままにレスリングしたという感じです。12月、全日本選手権でも絶対勝ちたいです」

------------------------------

3年連続優勝の園田平(滋賀・自衛隊)=撮影・矢吹建夫

 ■成年男子フリースタイル97kg級・園田平(滋賀・自衛隊=3年連続優勝)「赤熊さん(猶弥=自衛隊)も山口さん(剛=ブシロード)も出ていなかったので、この中では自分が優勝しなくては、と思って臨みました。3連覇がかかるからといって緊張はしていなかったのですが、決勝の相手は門間さん。去年86kgで優勝したのを見て、うまいレスリングが印象に残っています。若手キラーなので警戒していました。

 (9月初めの)世界大学選手権の時、準備期間から気持ちの持っていき方がうまくいって、体がよく動いたので、今回も同じように調整しました。減量も計量も新しいルールに慣れてきた。全日本選手権ではずっと2位どまりだったので、今度は優勝したい」

------------------------------

 ■少年男子フリースタイル60kg級優勝・森川海舟(東京・自由ヶ丘学園=今季の三冠王達成、国体は3連覇)「どの試合もタックルで取って、すべてフォールで勝つことができた。高校生のカテゴリーでの大会はこれが最後だったので、いい勝ち方ができてよかったです。三冠王はあまり意識しないようにしていましたが、達成できてうれしいです。全日本選手権にも出場させてもらえるので(57kg)、まずは表彰台に行けたらいいなと思います」

------------------------------

高校四冠王者に輝いた宮本海渡と千葉・日体大柏の大澤友博監督(右)=撮影・矢吹建夫

 ■少年男子フリースタイル125kg級・宮本海渡(千葉・日体大柏=今季の四冠王へ)「今年の目標だった四冠王を達成できてよかったです。小さい頃に柔道をやっていましたが、優勝を狙いすぎて1、2回戦で負けてしまうこともあったので、今回は最初からしっかりと闘うよう気をつけました。全試合無失点で勝てましたが、決勝だけテクニカルフォールに持っていけず、残念でした。

 高校生のカテゴリーで最後の大会で優勝でき、大澤先生(友博=監督)に少しでも恩返しできたかな、と思います。全日本選手権で1勝でも多くできるように、また練習を頑張ります」







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に