日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.03

西田衛人(山梨・韮崎工)が1年生王者へ、井上智裕(神奈川・富士工業)は3連覇…2018年福井国体・最終日


全国高校生グレコローマン選手権に続いて1年生王者に輝いた西田衛人(山梨・韮崎工)

 「福井しあわせ元気国体2018」のレスリング競技・最終日は10月3日、おおい町総合運動公園体育館で男子グレコローマン(成年・少年)が行われ、少年80kg級は8月の全国高校生グレコローマン選手権を制した西田衛人(山梨・韮崎工)が優勝。この大会も1年生王者に輝いた。

 昨年1年生で55kg級を制した曽我部京太郎(愛媛・今治西)は60kg級で勝って2年連続優勝。55kg級の松井謙(岐阜・中京学院大中京)も昨年の50kg級に続いて連覇を達成した。7月のアジア・ジュニア選手権(インド)3位の日下尚(香川・高松北)は71kg級を制した。いずれも全国高校生グレコローマン選手権に続く優勝。

 成年は72kg級世界選手権代表の井上智裕(神奈川・富士工業)が同級で勝ち、昨年までの71kg級に続いて3年連続4度目の優勝。77kg級は泉武志(愛媛・一宮グループ)が勝ち、2014・15年の66kg級以来、3年ぶりの優勝を果たした。

 67kg級は昨年66kg級優勝の河名真寿斗(福島・クリナップ)が優勝。60kg級は全日本選抜選手権2位の清水早伸(埼玉・自衛隊)が勝ち、2012年55kg級以来、6年ぶりの栄冠を手にした。

 天皇杯得点は東京が66点をマークし、65.5点の千葉に0.5点差をつけて優勝。東京都関係者によると、総合優勝は初とのこと。2013年の東京国体の時は3位だった。3位は静岡が入った。

 各階級の成績は下記の通り。(撮影=保高幸子)

世界選手権代表の強さを見せ、3連覇の井上智裕(神奈川・富士工業)

泉武志(愛媛・一宮グループ)は階級を77kg級に定めてから初の優勝


《成年グレコローマン》

60kg  67kg 72kg 77kg 87kd 97kg 130kg

《少年グレコローマン》

51kg 55kg 60kg 65kg 71kg 80kg 92kg 125kg

《一覧表》

成年フリースタイル 成年グレコローマン 女 子 少年フリースタイル 少年グレローマン
天皇杯得点 皇后杯得点

 《天皇杯得点》
[1]東京 66点、[2]千葉 65.5点、[3]静岡 55点、[4]福井 53点、[5]京都 52点、[6]埼玉 51.5点、[7]三重 50.5点、[8]和歌山 49点

 《皇后杯得点》
[1]福井 18点、[2]京都 17点、[3]千葉、静岡 15.5点、[5]秋田、栃木、埼玉、大阪 12.5点


成年グレコローマン

 【60kg級】

 ▼決勝
清水早伸(埼玉・自衛隊)○[Tフォール、5:05]●丸山智也(山梨・山梨学院大)

 ▼準決勝
丸山智也(山梨・山梨学院大)○[8-8]●藤波諒太郎(石川・専大)
清水早伸(埼玉・自衛隊)○[Tフォール、1:42]●小川翔太(茨城・日体大)

--------------------------------

 【67kg級】

 ▼決勝
河名真寿斗(福島・クリナップ)○[7-3]●中橋涼(愛媛・日体大)

 ▼準決勝
河名真寿斗(福島・クリナップ)○[8-3]●井ノ口崇之(京都・自衛隊)
中橋涼(愛媛・日体大)○[Tフォール、4:07]●川瀬克祥(岩手・シリウス)

--------------------------------

 【72kg級】

 ▼決勝
井上智裕(神奈川・富士工業)○[10-8]●瀬野春貴(愛知・日体大)

 ▼準決勝
井上智裕(神奈川・富士工業)○[5-0]●島袋慶生(沖縄・日体大)
瀬野春貴(愛知・日体大)○[5-0]●澤田夢有人(静岡・日体大)

--------------------------------

 【77kg級】

 ▼決勝
泉武志(愛媛・一宮グループ)○[3-1]●前田祐也(鳥取・鳥取中央育英高職)

 ▼準決勝
泉武志(愛媛・一宮グループ)○[Tフォール、1:56]●一瀬剣(山口・関大)
前田祐也(鳥取・鳥取中央育英高職)○[Tフォール、2:30]●櫻庭功大(秋田・拓大)

--------------------------------

 【87kg級】

 ▼決勝
岡太一(鳥取・自衛隊)○[5-0]●鶴田峻大(沖縄・自衛隊)

 ▼準決勝
岡太一(鳥取・自衛隊)○[Tフォール、2:01]●川村洋史(静岡・自衛隊)
鶴田峻大(沖縄・自衛隊)○[5-0]●勅使川原延明(群馬・日体大)

--------------------------------

 【97kg級】

 ▼決勝
塩川貫太(長野・クリナップ)○[9-6]●天野雅之(福岡・中大職)

 ▼準決勝
天野雅之(福岡・中大職)○[Tフォール、0:49]●饒波正眞(沖縄・九州共立大)
塩川貫太(長野・クリナップ)○[Tフォール、1:47]●渡部友章(福島・ふたば未来学園高教)

--------------------------------

 【130kg級】

 ▼決勝
金澤勝利(岩手・自衛隊)○[4-1]●荒木田進謙(青森・Wrestle Academy)

 ▼準決勝
荒木田進謙(青森・Wrestle Academy)○[4-1]●大坂昂(秋田・三菱電機)
金澤勝利(岩手・自衛隊)○[Tフォール、1:42]●中村淳志(奈良・大和広陵高教)


少年グレコローマン

 【51kg級】

 ▼決勝
佐々木風雅(長野・上田西)○[フォール、1:35]●塚田京(埼玉・埼玉栄)

 ▼準決勝
佐々木風雅(長野・上田西)○[Tフォール、1:25]●古瀬稜(三重・いなべ総合学園)
塚田京(埼玉・埼玉栄)○[Tフォール、4:14]●斎藤成龍(新潟・北越)

--------------------------------

 【55kg級】

 ▼決勝
松井謙(岐阜・中京学院大中京)○[Tフォール、3:40]●堤孔一(静岡・沼津城北)

 ▼準決勝
松井謙(岐阜・中京学院大中京)○[6-3]●岡本景虎(和歌山・和歌山北)
堤孔一(静岡・沼津城北)○[5-1]●塩崎泰隆(愛媛・八幡浜工)

--------------------------------

 【60kg級】

 ▼決勝
曽我部京太郎(愛媛・今治西)○[Tフォール、3:45]●竹下航生(香川・高松北)

 ▼準決勝
曽我部京太郎(愛媛・今治西)○[Tフォール、0:24]●竹内玲音(岐阜・岐南工)
竹下航生(香川・高松北)○[3-0]●萩原大和(埼玉・花咲徳栄)

--------------------------------

 【65kg級】

 ▼決勝
小林大悟(山梨・山梨農林)○[Tフォール、3:30]●松居俊伍(福井・敦賀気比)

 ▼準決勝
松居俊伍(福井・敦賀気比)○[8-6]●永松麗(兵庫・六甲アイランド)
小林大悟(山梨・山梨農林)○[フォール、1:47]●堤滋樹(静岡・沼津城北)

--------------------------------

 【71kg級】

 ▼決勝
日下尚(香川・高松北)○[Tフォール、2:23]●水口竣介(奈良・大和広陵)

 ▼準決勝
日下尚(香川・高松北)○[Tフォール、1:48]●稲葉洋人(長野・上田西)
水口竣介(奈良・大和広陵)○[Tフォール、5:55]●丸山蒼生(千葉・日体大柏)

--------------------------------

 【80kg級】

 ▼決勝
西田衛人(山梨・韮崎工)○[3-2]●今村大地(東京・自由ヶ丘学園)

 ▼準決勝
西田衛人(山梨・韮崎工)○[8-4]●中田翔輝(岡山・倉敷鷲羽)
今村大地(東京・自由ヶ丘学園)○[Tフォール、5:09]●樋口徹心(兵庫・神港学園)

--------------------------------

 【92kg級】

 ▼決勝
玉岡颯斗(群馬・館林)○[4-1]●佐川健(神奈川・磯子工)

 ▼準決勝
佐川健(神奈川・磯子工)○[6-2]●岡修人(島根・隠岐島前)
玉岡颯斗(群馬・館林)○[3-1]●三浦哲史(京都・網野)

--------------------------------

 【125kg級】

 ▼決勝
奥村総太(滋賀・栗東)○[4-1]●柳田孔明(岡山・高松農)

 ▼準決勝
奥村総太(滋賀・栗東)○[6-0]●笹岡龍馬(福井・福井農林)
柳田孔明(岡山・高松農)○[4-0]●重松大智(鹿児島・鹿屋中央)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に