日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.04

【特集】2018年世界選手権へかける(12)…男子グレコローマン63㎏級・遠藤功章(日体大)


《JWFデータベース》《UWWデータベース》《国際大会成績》
《勝者の素顔=JWFフェイスブックインスタグラム


(文=布施鋼治)

遠藤功章(日体大)

 9月中旬の全日本合宿の練習後、記者の前に現れた男子グレコローマン63㎏級の遠藤功章(日体大)の顔には大きな引っかき傷があった。「今日、太田忍先輩と練習している時にできたみたい。技術も体力も気持ちの面も、自分より断然強い。僕にとって太田先輩は大きな目標です。最近はグラウンドで返せたりすることもあるので、そこはちょっとずつ自信になっていると思います」

 今年6月の全日本選抜選手権。優勝経験のない遠藤は全くのノーマークだったが、豪快なバック投げを武器に初優勝を果たした。「あの優勝を自分ではどうとらえているのか」と聞くと、遠藤は照れ笑いを浮かべながら答えた。「63㎏に落としたら、優勝できると思っていました」

 たかが3㎏、されど3㎏。それまで66・67㎏級闘う機会の多かった遠藤が63㎏級に落とすには相当の苦労を要したという。「1カ月半くらいかけて、(通常体重から)10㎏くらい落としました。しんどかったです。途中、68㎏くらいから全然落ちなかったので、本当にきつかったですね」。

全日本選抜選手権での優勝に続き、プレーオフでも勝利をおさめた遠藤=撮影・矢吹建夫

 それからどうやって落としたのか? 「忍先輩からもアドバイスをもらって、食事の面で徹底的に工夫しました。炭水化物をとるのは練習前だけで、夜は極力量を少なくしました。きつかった。今でも(体重を維持するのは)しんどいですけど」

 けがで戦列を離れていた昨年の世界選手権グレコローマン59㎏級優勝の文田健一郎(ミキハウス)も復帰しつつある。太田同様、文田も遠藤にとっては特別な存在だ。「文田さんは胸を合わせた時の圧力がすごくて、四つ組みになったら全然太刀打ちできない。四つ組みは(太田より)文田先輩の方が圧力を感じます。まだ2人とも遠いところにいる。早く追いつかなければと思いますね」

世界の舞台で通用しそうな“秘密兵器”とは?

 今年7月には初めてのヨーロッパ遠征でトルコの国際大会に出場した。初戦敗退に終わったが、遠藤にとってはすべてがいい経験だった。「日本とは食事の面が違っていたので、そこが難しかった。トルコ料理も美味しかったけど、自分としては日本食の方がしっくりくる。だから世界選手権には真空パックのご飯をたくさん持って行くつもり。トルコにはそれをちょっとしか持っていかなくて失敗したと思ったので」

全日本合宿で目標の太田忍と練習する遠藤

 今回は初めての世界選手権出場ながら、目標はもちろん優勝だ。「海外で通用する武器はグラウンド。そうなったら、得意のリフト技で必ず点数を稼ぎたい」

 世界の舞台で遠藤が通用しそうなもうひとつの武器─、それはプレッシャーにとてつもなく強いという点だ。「試合になっても全然緊張しない。小さい頃は柔道をやっていたけど、その頃からずっとそうなんですよ」。それだけではない。遠藤の表情からは不安も感じられない。なぜ? 「だって、(63kg級の強豪より)忍先輩の方が強いと思うので。世界の舞台で自分がどれだけできるのか、今は楽しみの方が強い」

 ふたりの偉大な先輩にもまれた男は。強心臓を武器に、いきなり世界一を狙う。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に