日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.11

【2018年世界選手権・展望(4)】オリンピック王者同士の激突が再現されるか…男子フリースタイル97kg級


※10月10日現在、エントリーは不明です。下記はすべて本HPの予想です。

昨年の世界選手権で実現したカイル・スナイダー(右=米国)とアブデユラシド・サデュラエフ(ロシア)との一戦

 昨年の世界選手権決勝は、2016年リオデジャネイロ・オリンピック97kg級優勝のカイル・スナイダー(米国)と同86kg級優勝のアブデュラシド・サデュラエフ(ロシア)とがレスリング史上に残るような好勝負を展開し、スナイダーが勝った。

 その後、サデュラエフは92kg級で闘い、欧州選手権など3度の国際大会を制したが、世界選手権はオリンピック階級に戻して出場する。昨年の激戦が再現されるか。スナイダーは7月のヤシャ・ドク国際大会(トルコ)で3位だった。

 スナイダーを破ったのは、昨年3位だったアスランベク・アルボロフ(アゼルバイジャン)。再度の殊勲、そして世界一なるか。

 アジア勢では、アジア大会優勝のアリレザ・カリミマチアニ(イラン)、同2位のマゴメド・ムサエフ(キルギス=元ロシア)、リオデジャネイロ3位でアジア選手権優勝のマゴメド・イブラギモフ(ウズベキスタン)らに上位入賞の可能性がありそう。


2017~2018年主要大会成績

 【2017年世界選手権】
[1]Snyder, Kyle Frederick(米国)
[2]Sadulaev, Abdulrashid(ロシア)
[3]Ketoev, Georgi(アルメニア)
[3]Alborov, Aslanbek(アゼルバイジャン)
[5]Ibragimov, Mamed(カザフスタン)
[5]Odikadze, Elizbar(ジョージア)

 【2018年欧州選手権】
[1]Baitsaev, Vladislav(ロシア)
[2]Hushtyn, Aleksandr(ベラルーシ)
[3]Gadzhiev, Nurmagomed(アゼルバイジャン)
[3]Odikadze, Elizbar(ジョージア)
[5]Nurov, Magomedgadzhi(マケドニア)
[5]Mchelidze, Murazi(ウクライナ)

 【2018年アジア大会】
[1]Karimimachiani, Alireza(イラン)
[2]Musaev, Magomed(キルギス)
[3]Kim, Jae-Gang(金在康=韓国)
[3]Ibragimov, Magomed Idrisovich(ウズベキスタン)

 【2018年アジア選手権】
[1]Ibragimov, Magomed Idrisovich(ウズベキスタン)
[2]Goleij, Mojtaba(イラン)
[3]Kim, Jae-Gang(韓国)
[3]山口剛(日本)

 【2018年パンアメリカン選手権】
[1]Salas Perez, Reineris(キューバ)
[2]Gadson, Kevyn Ross(米国)
[3]Diaz Robertti, Jose Daniel(ベネズエラ)
[3]Steen, Jordan David(カナダ)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に