日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.13

【2018年世界選手権・展望(11)】欧州女王のペトラ・マーリット・オッリ(フィンランド)が勝ち抜くか…女子65kg級


※10月12日現在、エントリーは不明です。下記はすべて本HPの予想です。

今年の欧州チャンピオンのペトラ・マーリット・オッリ(フィンランド)

 昨年までの63kg級と69kg級の間に新設された新たな階級。69kg級から下げる選手は少ないと思われ、63kg級で闘っていた選手が上げる形となるだろう。

 昨年63kg級優勝のオーコン・プレブドルジ(モンゴル)はアジア大会では62kg級に出場(ドーピング疑惑で世界選手権への出場は微妙)、同2位のユリア・トカチ(ウクライナ)、同3位のジャクリン・レンテリア・カスティーヨ(コロンビア)も62kg級に出場している。

 こうした中、欧州選手権を制したペトラ・マーリット・オッリ(フィンランド)、同2位のエリス・マノロバ(アゼルバイジャン=元ブルガリア)、アジア選手権優勝のナブヨト・カウアー(インド)らが優勝を争うか。

 2月のクリッパン女子国際大会(スウェーデン)と9月のポーランド・オープンを制したダニエレ・ラッページ(カナダ)、6月の中国オープンと9月のメドベジ国際大会(ベラルーシ)を制したタン・チュイン(中国)、U-23世界選手権63kg級優勝の源平彩南(至学館大)らも優勝戦線に加わる可能性は十分。


2017~2018年主要大会成績

 【2017年世界選手権63kg級】
[1]Purevdorj, Orkhon(モンゴル)
[2]Tkach, Yulia(ウクライナ)
[3]Lazinskaya, Valeria(ロシア)
[3]Renteria Castillo, Jackeline(コロンビア)
[5]Oborududu, Blessing(ナイジェリア)

 【2018年欧州選手権】
[1]Olli, Petra Maarit(フィンランド)
[2]Manolova, Elis(アゼルバイジャン)
[3]Johansson, Henna(スウェーデン)
[3]Fedorashko, Krystina(ベラルーシ)
[5]Sleisz, Gabriella(ハンガリー)
[5]Bobeva, Viktoria Ivanova(ブルガリア)

 【2018年アジア選手権】
[1]Kaur, Navjot(インド)
[2]今井海優(日本)
[3]Lee, Han Bit(韓国)
[4]Tsevegmed, Enhbayar(モンゴル)

 【2018年パンアメリカン選手権】
[1]Molinari, Forrest Ann(米国)
[2]Graham, Breanne Leigh(カナダ)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に