日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.13

【2018年世界選手権・展望(12)】マクシム・マヌキャン(アルメニア)の連覇なるか…男子グレコローマン82kg級


※10月12日現在、エントリーは不明です。下記はすべて本HPの予想です。

昨年の80kg級に続く優勝なるか、マクシム・マヌキャン(アルメニア)

 昨年80kg級優勝のマクシム・マヌキャン(アルメニア)が今年の欧州選手権でも優勝し、実力を見せた。6月のジョージア国際大会は87kg級に出て9位。82kg級選手としての評価を落とすものではあるまい。

 昨年2位のラディク・クリエフ(ベラルーシ)は87kg級へ上げた公算が高く、同国からは欧州選手権2位のビクトル・サスノブスキーが出てくるだろう。欧州選手権で敗れたマヌキャンへのリベンジなるか。

 アゼルバイジャンからは、昨年80kg級3位のエルビン・ムルサリエフ、今年の欧州選手権3位のラフィク・フセイノフのどちらが出てくるか。どちらでも優勝争いに絡む可能性は十分。

 アジア大会は77kg級に出場したが、80kg級で今年3月のアジア選手権を制したアシュカト・ディムカメドフ(カザフスタン)がこの階級に出てくるだろう。同2位のアタベク・アジスベコフ(キルギス)とともにアジアの意地を見せられるか。


2017~2018年主要大会成績

 【2017年世界選手権80kg級】
[1]Manukyan, Maksim(アルメニア)
[2]Kuliev, Radik(ベラルーシ)
[3]Eisele, Pascal(ドイツ)
[3]Mursaliev, Elvin(アゼルバイジャン)
[5]Datunashvili, Zurabi(ジョージア)
[5]Aleksandrov Tihomirov, Daniel(ブルガリア)

 【2018年欧州選手権】
[1]Manukyan, Maksim(アルメニア)
[2]Sasunovski, Viktor(ベラルーシ)
[3]Huseynov, Rafik(アゼルバイジャン)
[3]Aleksandrov Tihomirov, Daniel(ブルガリア)
[5]Schwarz, Roland(ドイツ)
[5]Szabo, Laszlo(ハンガリー)

 【2018年アジア選手権】
[1]Dilmukhamedov, Ashkat(カザフスタン)
[2]Azisbekov, Atabek(キルギス)
[3]Kim, Jin-Hyeok(韓国)
[3]Singh, Harpreet(インド)

 【2018年パンアメリカン選手権】
[1]Avendano Rojas, Luis Eduardo(ベネズエラ)
[2]Speiller, Geordan(米国)
[3]Espinoza Castro, Carlos Moises(ペルー)
[4]Barros Machado, Adil Hendresson(ブラジル)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に