日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.15

【2018年世界選手権・展望(16)】激戦階級! ジョーダン・バローズ(米国)の連覇なるか…男子フリースタイル74kg級


※10月14日現在、エントリーは不明です。下記はすべて本HPの予想です。

6度目の世界一なるか、ジョーダン・バローズ

 昨年優勝で2012年ロンドン・オリンピックを含めて5度の世界一に輝いているジョーダン・バローズ(米国)、昨年の70kg級の覇者で65kg級でも世界一に輝いてるフランク・チャミゾ(イタリア)が世界一を争うか。今年5月の「Beat the streets」(米国)ではバローズが勝ち、7月のヤシャ・ドク国際大会(トルコ)ではチャミゾが勝った。

 この2人が決勝で顔を合わせる保証はない。U-23欧州選手権優勝で、昨年2位の選手(ケティク・ツァボロフ)を国内大会で破って代表を勝ち取ったザウルベク・シダコフ(ロシア)、昨年3位で今年の欧州選手権優勝のソエナー・デミルタス(トルコ)、アジア大会優勝のベクゾド・アブデュラクマノフ(ウズベキスタン)、2016年リオデジャネイロ・オリンピック3位のヤブライル・ハサノフ(アゼルバイジャン)らが決勝に出てくることはありうる。

 昨年70kg級3位の藤波勇飛(山梨学院大)が、階級を上げてどこまで奮闘するか。


2017~2018年主要大会成績

 【2017年世界選手権】
[1]Burroughs, Jordan Ernest(米国)
[2]Tsabolov, Khetik(ロシア)
[3]Shabanov, Ali(ベラルーシ)
[3]Demirtas, Soener(トルコ)
[5]Abdurakhmanov, Bekzod(ウズベキスタン)
[5]Hasanov, Yabrail(アゼルバイジャン)

 【2018年欧州選手権】
[1]Demirtas, Soener(トルコ)
[2]Khadjiev, Zelimkhan(フランス)
[3]Karpach, Andrey(ベラルーシ)
[3]Chamizo Marquez, Frank(イタリア)
[5]Efendiev, Zaur(セルビア)
[5]Gulaev, Akhsarbek(スロバキア)

 【2018年アジア大会】
[1]Abdurakhmanov, Bekzod(ウズベキスタン)
[2]Kaisanov, Daniar(カザフスタン)
[3]Gong, Byung-Min(孔昞旻=韓国)
[3]藤波勇飛(日本)

 【2018年アジア選手権】
[1]Evloev, Muslim(キルギス)
[2]Ganzorig, Mandakhnaran(モンゴル)
[3]Kaisanov, Daniar(カザフスタン)
[3]Hosseinkhani, Moustafa(イラン)

 【2018年パンアメリカン選手権】
[1]Lopez Azcuy, Livan(キューバ)
[2]Kulchytsyy, Nazari(米国)
[3]Llano, Jorge Ivan(アルゼンチン)
[3]Tafur Barrios, Nestor Joaquin(コロンビア)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に