日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.15

【2018年世界選手権・展望(17)】川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)の前に立ちはだかるか、チュニジアの星…女子59kg級


※10月14日現在、エントリーは不明です。下記はすべて本HPの予想です。

チュニジア女子の期待を背負うマルワ・アムリ(チュニジア)

 アジア大会62kg級ではつまずいたが、昨年60kg級で優勝した川井梨紗子(ジャパンビバレッジ)が優勝候補の筆頭であることは間違いない。立て直して東京オリンピックへつなげられるか。

 昨年60kg級2位のアリソン・ラガン(米国)は今年1月のヤリギン国際大会(ロシア)で2位に入っているものの、他の国際大会の結果を見る限り、対抗とは言い難い。むしろ、昨年58kg級で2位となり、9月のポーランド・オープン2位のマルワ・アムリ(チュニジア)の方が手ごわそう。

 昨年58kg級3位のアイスル・チニベコワ(キルギス)は、アジア大会は62kg級に出場。このままオリンピック階級に照準を定めることが予想される。昨年58kg級5位で今年3月のアジア選手権59kg級優勝のロン・ニンニン(中国)は、その後は57kg級に出場しているので、この階級に出てくるかどうかは不明。

 アジア選手権は3位だったが、6月のモンゴル・オープンと9月のメドベジ国際大会(ベラルーシ)を制したショーブドール・バータルジャフ(モンゴル)に勢いがある。欧州選手権優勝のエリフ・ジェール・イエスリルマク(トルコ)、欧州選手権3位のスベトラーナ・リパトワ(ロシア)かロシア選手権優勝のベロニカ・チュミコワ(ロシア)の欧州勢が上位に食い込めるか。


2017~2018年主要大会成績

 【2017年世界選手権60kg級】
[1]川井梨紗子(日本)
[2]Ragan, Allison Mackenzie(米国)
[3]Mattsson, Johanna(スウェーデン)
[3]Grigorjeva, Anastasija(ラトビア)
[5]Niemesch, Luisa(ドイツ)
[5]Baatarjav, Shoovdor(モンゴル)

 【2017年世界選手権58kg級】
[1]Maroulis, Helen(米国)
[2]Amri, Marwa(チュニジア)
[3]Tynybekova, Aisuluu A(キルギス)
[3]Fazzari, Michelle(カナダ)
[5]Nilsson, Elin(スウェーデン)
[5]Rong, Ningning(中国)

 【2018年欧州選手権】
[1]Yesilirmak, Elif Jale(トルコ)
[2]Hristova, Mimi(ブルガリア)
[3]Lipatova, Svetlana(ロシア)
[3]Omelchenko, Tatyana(アゼルバイジャン)
[5]Johansson, Emma Margarete Charlotte(スウェーデン)

 【2018年アジア選手権】
[1]Rong, Ningning(中国)
[2]Esenbaeva, Nabira(ウズベキスタン)
[3]Sangeeta, Sangeeta(インド)
[3]Baatarjav, Shoovdor(モンゴル)

 【2018年パンアメリカン選手権】
[1]Rivera Belliard, Andribeth(プエルトリコ)
[2]Beauregard, Laurence(カナダ)
[3]Campbell, Kelsey(米国)
[4]Silva de Santana, Caroline(ブラジル)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に