日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.16

【2018年世界選手権・展望(21)】2連覇目指す柳漢寿(韓国)にロシア、キューバ、日本が挑む…男子グレコローマン67kg級


※10月15日現在、エントリーは不明です。下記はすべて本HPの予想です。

韓国のとりでを守れるか、柳漢寿(韓国)

 昨年66kg級優勝の柳漢寿(韓国)は、今年2月のアジア選手権ではつますいたが、8月のアジア大会では見事に優勝し地力を見せた。2年連続優勝なるか。昨年3位で今年の欧州選手権を制したアルテム・スルコフ(ロシア)は、今年3度の国際大会でも優勝しており、勢いがある。

 アジア選手権優勝のアルマト・ケビスパエフ(カザフスタン)は、アジア大会決勝で柳漢寿に敗れて2位。リベンジしての世界一なるか。2016年リオデジャネイロ・オリンピック59kg級優勝のイスマエル・ボレロ・モリーナ(キューバ)は今年から67kg級へ。最初のタクティ・カップ(イラン)こそ5位だったが、その後の中南米での3大会に優勝。欧州の強豪相手にどこまでやるか。

 昨年2位のマテウス・ベルナテク(ポーランド)、今年の欧州選手権2位のシュマギ・ボルクバーゼ(ジョージア)、柳漢寿に2連勝中の下山田培(警視庁)がどこまで上位へ食い込めるか。


2017~2018年主要大会成績

 【2017年世界選手権66kg級】
[1]Ryu, Han-Soo(柳漢寿=韓国)
[2]Bernatek, Mateusz(ポーランド)
[3]Yueksel, Atakan(トルコ)
[3]Surkov, Artem(ロシア)
[5]Aslanyan, Karen(アルメニア)
[5]Elyasi, Mohammad Morad(イラン)

 【2018年欧州選手権】
[1]Surkov, Artem(ロシア)
[2]Bolkvadze, Shmagi(ジョージア)
[3]Aslanyan, Karen(アルメニア)
[3]Basar, Enes(トルコ)
[5]Bjerrehuus, Fredrik(デンマーク)
[5]Karecinski, Dawid(ポーランド)

 【2018年アジア大会】
[1]Ryu, Han-Soo(柳漢寿=韓国)
[2]Kebispayev, Almat(カザフスタン)
[3]Ismailov, Amantur(キルギス)
[3]Geraei, Mohammad Reza(イラン)

 【2018年アジア選手権】
[1]Kebispayev, Almat(カザフスタン)
[2]下山田培(日本)
[3]Rakhmatov, Mirzobek(ウズベキスタン)
[3]Zhang, Gaoquan(中国)

 【2018年パンアメリカン選手権】
[1]Borrero Molina, Ismael(キューバ)
[2]Lopez Salcedo, Manuel Alejandro(メキシコ)
[3]Molina Cortez, Mario(ペルー)
[3]Ramos Junior, Joilson de Brito(ブラジル)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に