日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.18

【2018年世界選手権・展望(27)】太田忍(ALSOK)へのリベンジ目指すカニベク・ゾルチュベコフ(キルギス)…男子グレコローマン60kg級


※10月17日現在、エントリーは不明です。下記はすべて本HPの予想です。

太田忍へのリベンジなるか、カニベク・ゾルチュベコフ(キルギス)=撮影・布施鋼治

 昨年の59kg級世界王者(文田健一郎)に代わって日本代表となった太田忍(ALSOK)が2月のアジア選手権と8月のアジア大会を連覇して好調。アジア大会決勝の相手だった2016年アジア選手権優勝のカニベク・ゾルチュベコフ(キルギス)、アジア選手権決勝の相手だったリ・セウン(北朝鮮)のリベンジ挑戦を退けられるか。

 昨年2位のメイランベク・アイナグロフ(カザフスタン)は、その後63kg級で闘っていたが、アジア大会は60kg級で3位へ。世界選手権でもこの階級に出てくることが予想され、強敵となるだろう。アジアの2大会とも不調だったが、昨年3位のキム・セウンハク(韓国)もあなどれまい。

 欧州勢では、ロシアから国内選手権で勝ったミンギヤン・セメノフか、欧州選手権とセルビアの国際大会でセメノフを破ったセルゲイ・エメリンが予想され、どちらが出ても世界一を狙う実力はある。欧州選手権2位のムラド・マンマドフ(アゼルバイジャン)や3月のザグレブ・オープン(クロアチア)優勝のバージル・ムンテアヌ(ルーマニア)も優勝戦線にからむか。

 キューバからは、階級を上げたオリンピック王者(イスマエル・ボレロ・モリーナ)に代わって台頭したパンアメリカン王者のルイス・アルベルト・オルタ・サンチェスが、世界の舞台でどう闘うか。


2017~2018年主要大会成績

 【2017年世界選手権59kg級】
[1]文田健一郎(日本)
[2]Ainagulov, Meirambek(カザフスタン)
[3]Maryanyan, Stepan(ロシア)
[3]Kim, Seung-Hak(韓国)
[5]Zholchubekov, Kanybek(キルギス)
[5]Tsymbaliyuk, Dmitriy(ウクライナ)

 【2018年欧州選手権】
[1]Emelin, Sergey(ロシア)
[2]Mammadov, Murad(アゼルバイジャン)
[3]Chkhartishvili, Dato(ジョージア)
[3]Sandron, Jacopo(イタリア)
[5]Kinsinger, Etienne(ドイツ)
[5]Kazharski, Maksim(ベラルーシ)

 【2018年アジア大会】
[1]太田忍(日本)
[2]Zholchubekov, Kanybek(キルギス)
[3]Ainagulov, Meirambek(カザフスタン)
[3]Mardani, Mehrdad(イラン)

 【2018年アジア選手権】
[1]太田忍(日本)
[2]Ri, Se-Ung(北朝鮮)
[3]Zholchubekov, Kanybek(キルギス)
[3]Bakhramov, Islomjon(ウズベキスタン)

 【2018年パンアメリカン選手権】
[1]Orta Sanchez, Luis Alberto(キューバ)
[2]Pimentel Gonzalez, Jansel Miguel(ドミニカ共和国)
[3]Garipov, Marat(ブラジル)
[3]Montano Arroyo, Andres(エクアドル)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に