日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.18

【2018年世界選手権・展望(25)】欧州王者のガジムラド・ラシドフ(ロシア)が勝ち抜くか…男子フリースタイル61kg級


※10月17日現在、エントリーは不明です。下記はすべて本HPの予想です。

今年、国際大会の優勝を重ねているガジムラド・ラシドフ(ロシア)

 昨年の世界選手権優勝のハジ・アリエフ(アゼルバイジャン)と、昨年優勝で2016年リオデジャネイロ・オリンピック59kg級優勝のウラジーミル・キンチェガシビリ(ジョージア)が、ともに65kg級へ上げた。同2位のガジムラド・ラシドフ(ロシア)が優勝候補の最右翼となろう。今年はヤリギン国際大会(ロシア)、ダン・コロフ-ニコラ・ペトロフ国際大会(ブルガリア=65kg級)、欧州選手権、シオルコウスキ国際大会(ポーランド)と優勝を重ね、強さを見せている。

 2016年世界選手権2位で今年の欧州選手権2位のベカ・ロムターゼ(ジョージア)、同3位のイワン・グイデア(ルーマニア)とレセプ・トパル(トルコ)、2015年に世界3位となっているウラジーミル・デュボフ(ブルガリア)が優勝争いに顔を出すか。

 昨年3位のヨウリス・ボンネ・ロドリゲス(キューバ)も優勝争いにからむ実力はあるが、4月のワールドカップ(米国)でロドリゲスを破った小栁和也(自衛隊)、その小栁をアジア選手権で破っているヌリスラム・サナエフ(カザフスタン)も優勝戦線に食い込む力はあるはず。


2017~2018年主要大会成績

 【2017年世界選手権】
[1]Aliev, Haji(アゼルバイジャン)
[2]Rashidov, Gadshimurad(ロシア)
[3]Bonne Rodriguez, Yowlys(キューバ)
[3]Khinchegashvili, Vladimir(ジョージア)
[5]中村倫也(日本)
[5]Erdogan, Cengizhan(トルコ)

 【2018年欧州選手権】
[1]Rashidov, Gadshimurad(ロシア)
[2]Lomtadze, Beka(ジョージア)
[3]Guidea, Ivan(ルーマニア)
[3]Topal, Recep(トルコ)
[5]Hasanzade, Mirjalal(アゼルバイジャン)
[5]Skryabin, Nyurgun(ベラルーシ)

 【2018年アジア選手権】
[1]Sanayev, Nurislam(カザフスタン)
[2]小栁和也(日本)
[3]Rakhmonov, Abbos(ウズベキスタン)
[3]Zholdoshbekov, Ulukbek(キルギス)

 【2018年パンアメリカン選手権】
[1]Colon, Joseph Daniel(米国)
[2]Bodnarchuk, Joshua(カナダ)
[3]Rodriguez Jovel, Juan Antonio(エルサルバドル)
[4]Olvera Magallanes, Alexis(メキシコ)







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に