日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.19

【特集】2018年世界選手権へかける(29)…男子グレコローマン55kg級・田野倉翔太(東京・自由ヶ丘学園高校教員)


《JWFデータベース》《UWWデータベース》《国際大会成績》
《勝者の素顔=JWFフェイスブックインスタグラム


(文・撮影=保高幸子)

田野倉翔太(東京・自由ヶ丘学園高教)

 2017年8月に階級区分の変更が決まり、男子グレコローマンで55kg級復活のニュースが駆け巡ったとき、前年末に引退し、選手生活ときっぱり決別していた田野倉翔太(東京・自由ヶ丘学園高教)は「へぇ~、55kg級ができたのか。誰が優勝するのかなぁと思っていた」という。復帰する気は全くなかった。

 だが、2ヶ月後の全日本選手権で全日本選手権で優勝したのは田野倉だった。そして世界も…、と期待されている。今年に入って3つの国際大会に出場し、金メダル1つと銀メダル2つを獲得。「世界のトップにいるという手応えはあります。世界選手権でもジュニア世代が多く出てくる階級じゃないかな、と思うので、勝たなきゃいけない」と噛みしめるように言った。

練習量は復帰前の10分の1、質を上げる練習でカバー

 田野倉は、55kg級があのまま存在していれば、世界を獲っていた可能性もあったエースだった。2012年ロンドン・オリンピックに出場した長谷川恒平(青山学院大職)を2013年全日本選抜選手権で下し、次は田野倉の時代か、と思われた時、突如55kg級が消滅した。新階階級で最軽量級の59kg級でもトップ争いを続け、2015年に世界選手権に出場するなど踏ん張ったが、体格的に厳しいのは自明だった。

豪快な投げ技を炸裂させる田野倉

 55kg級復活のニュースが出たあと、いきつけの焼肉店にいくと、日体大時代の恩師である松本慎吾監督や松本隆太郎コーチとばったり遭遇。当然のように55kg級の話題になり、復帰を促された。笑っていると「真剣に考えてみたらどうか」と念を押すように言われた。

 あと2ヶ月で全日本選手権という時だった。当時、自由ヶ丘学園高校のコーチとして指導に専念していたため悩んだが、だんだん「2ヶ月あれば、少しは戻るんじゃないかな」という考えに。「奥山先生(同校監督)に相談したら快諾してくださり、『応援する』と言ってもらえ、復帰できました」-。

 現役復帰とはいえ、教員をやりながらのため「練習量は10分の1くらいになっています。圧倒的な練習量は積めないのですが、技のタイミングや組み手を重視して、頭を使ってやっています」と、質を上げる練習を追求している。

思惑通り教え子たちも目覚ましい活躍!

 復帰を決める時に浮かんだのは生徒のこと。「生徒に行動で見せた方が、いい指導になるのではないか。彼らの手本になりたい」と思うようになった。言葉だけで伝えても多くは伝わらない。「身近な人がトップで闘う姿を見るのは、きっと生徒のためになる」。そして2ヶ月後、全日本選手権で圧倒的な強さを見せて優勝した。今年6月の全日本選抜選手権でも圧勝し、ブダペストへの切符を手にした。

 それを見て奮起したのか、田野倉の思惑通り教え子たちも目覚ましい活躍を見せるようになった。「インターハイ・チャンピオンも生まれたし、団体でも全国高校選抜とインターハイで2位になりました。1パーセントくらいは貢献できたのかな」と目を輝かす。

「教え子が毎日必死に練習を頑張っているのを見ると、自分ももっと頑張らなきゃなと思うようになって、相乗効果も生まれていると思います」と、自身の成長にもつながった。さらに、人に教えることで、昔は感覚でやっていたことを言葉で説明できるようになり、技術的なところに気づきが増えたという。

8月8日に入籍した田野倉と希果さん=本人提供

 教員でありながら、世界選手権前の合宿はほとんどフルで参加できるように学校側が調整し、バックアップしてくれた。「今、本当に心から人に感謝しています。本当に、本当に、自分一人ではレスリングができない」-。応援してくれる周りの人たちの期待に応えたい気持ちがあふれる。

 8月8日には至学館大OGの志土地希果さん(2011年世界選手権51kg級5位)と入籍。現在は(株)ジェイテクトで事務職についておりブダペストに応援に来ることはかなわないが、夫について「意志が強く、何事も中途半端にはできないタイプ」といい、世界を目指したならやりたいところまでやって欲しいという思い。

 復活は教員になったことがきっかけだった。この先の活躍は教え子たちと一緒に勝ち取るものだ。きっぱり辞めさせてくれなかった運命のいたずらに感謝し、たくさんの応援を受けて、世界のマットに立つ。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に