日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.24

【2018年世界選手権・特集】ファイナル出場選手の声…第4日


(2018年10月23日、ハンガリー・ブダペスト / 取材=布施鋼治、樋口郁夫)


 ■女子55㎏級優勝・向田真優(至学館大=決勝は2点を先制されながら、最後はテクニカルフォール勝ち)「素直にうれしい。昨年の世界選手権決勝は悔しい思いをした(試合終了直前にタックルを浴びてまさかの逆転負け)。その悔しさを今年の世界選手権の決勝で絶対晴らそうと決めていました。トーナメントの組み合わせはすごく厳しいところに入ったけど、勝つことができてよかったです。(ハンガリーは一昨年初めて世界チャンピオンになった思い出の場所だけど)そこに頼りすぎず、『今回は今回』と割り切って考えていました。きのう優勝した(JOCエリートアカデミーの後輩の)乙黒拓斗の活躍は大きな刺激になりました。

 「試合前、自分のスマホの待ち受け画面にしている去年の世界選手権の銀メダルと表彰台で自分がムスッとしている写真を見返し、『今年は絶対銀メダルを金メダルに変えてやる』と思っていました。(第1ピリオドに)いきなり相手のタックル返しを食らった時にはちょっと焦りました。自分にも点数が入っていると思ったのに入っていなかったので。でも、セコンドからの声が聞こえていて、落ち着いて試合をすることができました」


 ■女子59kg級優勝・川井梨紗子(ジャパンビバレッジ=決勝は8-0と手堅く勝利)「ホッとしました。点差は開きましたが、やっている感覚として、自分が後手に回っていた面がありました。(試合直後、天を仰いだが)試合が2日間ということで、いつも以上に長く、ホッとした気持ちからです。

 (表彰式で涙を流したのは?)アジア大会のことを思い出していました。3位の選手に運ばれた銅メダルを見て、2ヶ月前はこれだったと思って(涙が出た)。国歌が流れ、日本の旗が揚がって、今回は真ん中だ、と思いました。アジア大会で負けた後の大会だったので、いつもと違う臨み方でした。怖さが完全に消えたわけではありません。これからの積み重ねと思います。

 (夏前には山梨学院大への出げいこに行き、前日優勝した乙黒拓斗とも練習。その乙黒が19歳で優勝し)かなり刺激されました。男子は女子より層が厚くてレベルが高いわけですが、その中で19歳で優勝。闘争心もすごいし、けがしていても最後は勝つというのが、すごい。高橋さん(侑希)もそうですが、強い人はレスリングに対して、熱心で、正直に向き合っているから強いんだと思いました」







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に