日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.27

田野倉翔太、遠藤功章とも敗者復活戦を勝ち抜けず…2018年世界選手権・第7日(1)


 【ブダペスト(ハンガリー)】2018年世界選手権第7日は10月27日、当地で男子グレコローマン4階級の敗者復活戦が行われ、55kg級の田野倉翔太(東京・自由ヶ丘学園高教)、63kg級の遠藤功章(日体大)は、ともに勝ち抜くことができず、3位決定戦に進むことができなかった。

 田野倉は2月のアジア選手権5位のカオ・リグオ(中国)と5-5ながら、カウンターで受けた4失点が響き、無念の敗退。遠藤は2012年ロンドン・オリンピック代表のラフマン・ビリチ(トルコ)に5-7で敗れた。

 両選手の成績は下記の通り。

お知らせ
写真集はトップページの「動画/写真集」タブからご覧ください。

男子グレコローマン

 【55kg級】田野倉翔太(東京・自由ヶ丘学園高教)   21選手出場
敗復戦 ●[5-5]Cao, Liguo(中国)

------------------------------

 【63kg級】遠藤功章(日体大)   27選手出場
敗復戦 ●[5-7]Bilici, Rahman(トルコ)


試合動画

《男子グレコローマン55kg級》田野倉翔太(東京・自由ヶ丘学園高教)

【敗復戦】
田野倉翔太●[5-5]Liguo CAO(中国)


《男子グレコローマン63kg級》遠藤功章(日体大)

【敗復戦】
遠藤功章●[5-7]Rahman BILICI(トルコ)








サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に