日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.28

【2018年世界選手権・特集】IOCトーマス・バッハ会長が来訪、ドイツ選手の優勝を祝福


UWWネナド・ラロビッチ会長とともに試合を観戦するIOCトーマス・バッハ会長

 【ブダペスト(ハンガリー)、文・撮影=樋口郁夫】2018年世界選手権第7日のファイナル・セッションに国際オリンピック委員会(IOC)のトーマス・バッハ会長(ドイツ)が来場。世界レスリング連盟(UWW)のネナド・ラロビッチ会長(セルビア)とともに試合を観戦した。

 IOC会長がレスリングの世界選手権の会場を訪れるのは、2005年に当地で行われた大会にジャック・ロゲ会長が来て以来。

 同セッションには、72kg級でドイツのフランク・スタエブラーが決勝に進出し、昨年の71kg級に続いての優勝を達成(2015年66kg級に続いて3大会連続優勝)。同国選手の快挙に、バッハ会長は試合後にバックステージに移って祝福した。

 2013年にレスリングがオリンピック競技から外される危機を迎えた時、当時副会長だったバッハ氏は当初から除外反対の方針を打ち出し、レスリングのオリンピック存続をサポート。レスリングの存続が決まり、自身がIOC会長に就任後は、ラロビッチ会長をIOC理事に推してビューローメンバー入りさせるなど、レスリングを支援してきた。

 このセッションでは、地元のハンガリー選手が2人も決勝に進出して1人が優勝。会場は熱狂の渦。IOC会長への十分なアピールとなったレスリング人気だった。

3大会連続優勝を達成したドイツのスタエブラーを祝福するバッハ会長







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に