日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.29

ロシアが3階級で勝ち、通算6階級を制覇…2018年世界選手権・最終日


 【ブダペスト(ハンガリー)】2018年世界選手権最終日は10月28日、当地で男子グレコローマン3階級のファイナルが行われ、ロシアが3階級とも優勝した。

 77kg級はアレクサンダー・チェヒルキン。オリンピック2連覇のロマン・ブラソフの壁もあってロシア代表になれなかった選手で、今大会は決勝で地元ハンガリー選手を破り、32歳にして初の世界一へ。

 97kg級は昨年98kg級2位のムサ・エブロエフ。準決勝で5年連続世界一を目指すアルトゥール・アレクサニャン(アルメニア)を破っての栄冠。130kg級は2016年リオデジャネイロ・オリンピック3位で昨年のU-23世界選手権優勝のセルゲイ・セメノフ。

 男子グレコローマンは昨年優勝がなかったロシアが6階級で優勝し、昨年の汚名を注いだ。国別対抗得点は178点をマークし、2位のハンガリーに95点もの大差をつけて優勝。優勝がなくとも勝った昨年に続いて世界のトップを守った。

 10階級40選手のメダリストのうち、旧ソ連・東欧が29選手と4分3近くを占めた。旧ソ連以外のアジアは8選手(トルコ4、イラン1,韓国2、中国1)、パンアメリカン2選手、西欧1選手だった。

 各階級のファイナル成績は下記の通り。


男子グレコローマン

 【77kg級】

 ▼決勝
Chekhirkin, Aleksander(ロシア)○[3-1]●Loerincz, Tamas(ハンガリー)

 ▼3位決定戦
Nemes, Viktor(セルビア)○[6-2]●Kessidis, Alexandros Michel(スウェーデン)
Kim, Hyeon-Woo(韓国)○[3-1]●Nalgiev, Bilan(ウズベキスタン)

------------------------------

 【97kg級】

 ▼決勝
Evloev, Musa(ロシア)○[7-2]●Milov, Kiril Milenov(ブルガリア)

 ▼3位決定戦
Aliyari Feyzabadi, Mahdi(イラン)○[不戦勝]●Aleksanyan, Artur(アルメニア)
Kajaia, Mikheil(セルビア)○[4-4]● Kiss, Balasz(ハンガリー)

------------------------------

 【130kg級】

 ▼決勝
Semenov, Sergey(ロシア)○[Tフォール、9-0]●Coon, Adam(米国)

 ▼3位決定戦
Kim, Min-Seok(韓国)○[2-1]●Popp, Eduard(ドイツ)
Pino Hinds, Oscar(キューバ)○[3-1]●Nabi, Heiki(エストニア)

------------------------------

 《国別対抗得点》

[1]ロシア 178点、[2]ハンガリー 83点、[3]トルコ 75点、[4]アゼルバイジャン 60点、[5]セルビア 60点、[6]アルメニア 56点、[7]ドイツ 49点、[8]中国 49点、…[23]日本 14点







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に