日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.30

【2018年世界選手権・特集】西口茂樹・日本協会強化本部長/総括


(2018年10月28日、ハンガリー・ブダペスト / 取材=布施鋼治)


 ■西口茂樹・日本協会強化本部長の話「男子グレコローマンは60㎏級の太田忍以外、オリンピックには出られない。甘い考えは持たない方がいい。ちょっと考え方を変えないといけない。太田の(2回戦での)敗因は一瞬のすきをつかれたことに尽きる。

 ただ、太田はアジア大会で日本のレスリングを助けてくれた人間。今回はすごいプレッシャーの中での闘いだったと思うから責められない。12月の全日本選手権には(昨年の世界選手権59kg級金メダリストの)文田健一郎も出てくる。60㎏級は全日本でもレベルの高い闘いが繰り広げられるでしょう。

 男子フリースタイルに関していえば、乙黒拓斗という新しいスターが出てきた。1点差で勝っている時にも攻める。守らない。チャンスがあったら最初から行く。乙黒の試合を見ていたら、(他の選手も)勝つための条件がはっきり分かってきたと思う。

 乙黒の勝ち方はいい形で女子にバトンをつなげた。金4、銀1、銅2という女子の活躍は期待通り。62㎏級で準優勝した川井友香子は深く踏み込んでタックルに入っていなかった。どちらかといえは、タックルに失敗した時に相手に返されないように、五分か六分くらいの力で入っていた。決勝で見せた最後のタックルは正確に思い切り入っていた。最後にできるなら最初からできる。銀までいったら金は目の前。メダルの色が金に変わるなら、自分から行くようになりますよ。

 全体を通してみれば、自信になったとまではいかないけど、元に戻った感じがします。すべてはこれからでしょう。







サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に