日本レスリング協会公式サイト
JAPAN WRESTLING FEDERATION
日本レスリング協会公式サイト
2018.10.31

ロシアが金メダル10個獲得、グレコローマンのメダリストは4分の3が旧ソ連・東欧…2018年世界選手権


ロシア国旗が10回、マットを回った2018年世界選手権(写真は男子グレコローマン63kg級優勝のステパン・マリャニャン)

 2018年世界選手権は10月20~28日、ハンガリー・ブダペストで行われ、昨年は3スタイルで金メダルがなく、ソ連時代から含めて最低の成績に終わったロシアが、男子だけだが金メダル10個(男子フリースタイル4、男子グレコローマン6)を獲得して盛り返した。

 女子は日本が4階級を制したほか、6ヶ国が6階級の優勝を分け合った。男子で圧倒的な強さを見せたロシアは1人のメダリストも輩出できず、最高は5位だった。

 男子グレコローマンは10階級40選手のメダリストのうち、旧ソ連・東欧が29選手と4分3近くを占めた。旧ソ連以外のアジア・中近東は8選手(トルコ4、イラン1,韓国2、中国1)、パンアメリカン2選手、西欧1選手だった。

 各階級のメダリストは下記の通り。


《男子フリースタイル》

 【57kg級】
[1]Uguev, Zaur(ロシア)
[2]Sanayev, Nurislam(カザフスタン)
[3]Atli, Suleyman(トルコ)
[3]高橋侑希(日本)

 【61kg級】
[1]Bonne Rodriguez, Yowlys(キューバ)
[2]Rashidov, Gadshimurad(ロシア)
[3]Tumenbileg, Tuvshintulga(モンゴル)
[3]Colon, Joseph Daniel(米国)

 【65kg級】
[1]乙黒拓斗(日本)
[2]Bajrang, Punia(インド)
[3]Valdes Tobier, Alejandro Enrique(キューバ)
[3]Chakaev, Akhmed(ロシア)

 【70kg級】
[1]Gazimagomedov, Magomedrasul(ロシア)
[2]Batirov, Adam(バーレーン)
[3]Iakobishvili, Zurabi(ジョージア)
[3]Maren Castillo, Franklin(キューバ)

 【74kg級】
[1]Sidakov, Zaurbek(ロシア)
[2]Kentchadze, Avtandil(ジョージア)
[3]Abdurakhmanov, Bekzod(ウズベキスタン)
[3]Burroughs, Jordan Ernest(米国)

 【79kg級】
[1]Dake, Kyle Douglas(米国)
[2]Hasanov, Yabrail(アゼルバイジャン)
[3]Shabanov, Ali(ベラルーシ)
[3]Gadzhimagomedov, Akhmed (ロシア)

 【86kg級】
[1]Taylor, David Morris(米国)
[2]Erdin, Fatih(トルコ)
[3]Yazdani Charati, Hassan(イラン)
[3]Friev Naskideava, Taimuraz(スペイン)

 【92kg級】
[1]Cox, J’den Michael Tbory(米国)
[2]Yankouski, Ivan(ベラルーシ)
[3]Karimimachiani, Alireza(イラン)
[3]松本篤史(日本)

 【96kg級】
[1]Sadulaev, Abdulrashid(ロシア)
[2]Snyder, Kyle(米国)
[3]Odikadze, Elizbar(ジョージア)
[3]Conyedo Ruano, Abraham de Jesus(イタリア)

 【125kg級】
[1]Petriashvili, Geno(ジョージア)
[2]Deng, Zhiwei(中国)
[3]Hadi Basmanj, Parviz Khodavirdi(イラン)
[3]Gwiazdowski, Nicholas Edward(米国)

 《国別対抗得点》
[1]ロシア 178点
[2]米 国 150点
[3]ジョージア 105点
[4]キューバ 67点
[5]日 本 67点
[6]イラン 65点
[7]モンゴル 57点
[8]トルコ 53点
(4、5位は上位選手数の差による)

《男子グレコローマン》

 【55kg級】
[1]Azizli, Eldaniz(アゼルバイジャン)
[2]Sharshenbekov, Zholaman(キルギス)
[3]Tsurtsumia, Nugzari(ジョージア)
[3]Oeztuerk, Ekrem(トルコ)

 【60kg級】
[1]Emelin, Sergey(ロシア)
[2]Ciobanu, Victor(モルドバ)
[3]Sultangali, Aidos(カザフスタン)
[3]Walihan, Sailike(中国)

 【63kg級】
[1]Maryanyan, Stepan(ロシア)
[2]Tasmuradov, Elmurat(ウズベキスタン)
[3]Bilici, Rahman(トルコ)
[3]Temirov, Lenur(ウクライナ)

 【67kg級】
[1]Surkov, Artem(ロシア)
[2]Stefanek, Davor(セルビア)
[3]Sahakyan, Gevorg(ポーランド)
[3]Shermakhanbet, Meirzhan(カザフスタン)

 【72kg級】
[1]Staebler, Frank(ドイツ)
[2]Korpasi, Balint(ハンガリー)
[3]Chunayev, Rasul(アゼルバイジャン)
[3]Mnatsakanian, Aik(ブルガリア)

 【77kg級】
[1]Chekhirkin, Aleksander(ロシア)
[2]Loerincz, Tamas(ハンガリー)
[3]Nemes, Viktor(セルビア)
[3]Kim, Hyeon-Woo(韓国)

 【82kg級】
[1]Bacsi, Peter(ハンガリー)
[2]Kus, Emrah(トルコ)
[3]Sasunovski, Viktor(ベラルーシ)
[3]Manukyan, Maksim(アルメニア)

 【87kg級】
[1]Basar, Metehan(トルコ)
[2]Belenyuk, ZhanK(ウクライナ)
[3]Kobliashvili, Robert(ジョージア)
[3]Shahinyan, Artur(アルメニア)

 【97kg級】
[1]Evloev, Musa(ロシア)
[2]Milov, Kiril Milenov(ブルガリア)
[3]Aliyari Feyzabadi, Mahdi(イラン)
[3]Kajaia, Mikheil(セルビア)

 【130kg級】
[1]Semenov, Sergey(ロシア)
[2]Coon, Adam(米国)
[3]Kim, Min-Seok(韓国)
[3]Pino Hinds, Oscar(キューバ)

 《国別対抗得点》
[1]ロシア 178点
[2]ハンガリー 83点
[3]トルコ 75点
[4]アゼルバイジャン 60点
[5]セルビア 60点
[6]アルメニア 56点
[7]ドイツ 49点
[8]中 国 49点
[23]日本 14点

《女 子》

 【50kg級】
[1]須﨑優衣(日本)
[2]Stadnik, Mariya(アゼルバイジャン)
[3]Sun, Yanan(中国)
[3]Livach, Oksana(ウクライナ)

 【53kg級】
[1]奥野春菜(日本)
[2]Hildebrandt, Sarah(米国)
[3]Pang, Qianyu(中国)
[3]Weicker, Diana(カナダ)

 【55kg級】
[1]向田真優(日本)
[2]Sidakova, Zalina(ベラルーシ)
[3]Jong, Myong-Suk(北朝鮮)
[3]Montero Herrera, Lienna de la Caridad(キューバ)

 【57kg級】
[1]Rong, Ningning(中国)
[2]Dudova, Bilyana Zhivkova(ブルガリア)
[3]Dhanda, Pooja(インド)
[3]Barka, Emese(ハンガリー)

 【59kg級】
[1]川井梨沙子(日本)
[2]Yesilirmak, Elif Jale(トルコ)
[3]Baatarjav, Shoovdor(モンゴル)
[3]Pei, Xingru(中国)

 【62kg級】
[1]Yusein, Taybe(ブルガリア)
[2]川井友香子(日本)
[3]Velte, Mallory Maxine(米国)
[3]Tkach, Yulia(ウクライナ)

 【65kg級】
[1]Olli, Petra Maarit(フィンランド)
[2]Lappage, Danielle(カナダ)
[3]Netreba, Irina(アゼルバイジャン)
[3]源平彩南(日本)

 【68kg級】
[1]Cherkasova, Alla(ウクライナ)
[2]Larroque, Koumba Selene Fanta(フランス)
[3]Mensah-Stock, Tamyra(米国)
[3]Zhou, Feng(中国)

 【72kg級】
[1]di Stasio, Justina(カナダ)
[2]Ochirbat, Nasanburmaa(モンゴル)
[3]Tosun, Buse(トルコ)
[3]Kuenz, Martina(オーストリア)

 【76kg級】
[1]Gray, Adeline(米国)
[2]Adar, Yasemin(トルコ)
[3]Wiebe, Erica(カナダ)
[3]皆川博恵(日本)

 《国別対抗得点》
[1]日 本 156点
[2]中 国 119点
[3]米 国 103点
[4]カナダ 89点
[5]モンゴル 71点
[6]ウクライナ 59点
[7]トルコ 55点
[8]インド 51点

 






サイト内検索

JWF WRESTLERS DATABASE 日本レスリング協会 選手&大会データベース

年別ニュース一覧

● 間違いはご指摘ください
本ホームページ上に掲載されている記録や人名に誤りがある場合は、遠慮なくご指摘ください。調査のうえ善処いたします。 記録は、一度間違うと、後世まで間違ったまま伝わります。正確な記録を残すためにも、ご協力ください。
《送信先》 jwf-homepage@memoad.jp


フェアプレイで日本を元気に